命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
君はお坊さんネット相談"hasunoha"を知っているか?(3)
0
     今日で最終回です。このサイトにおいてダントツで「有り難し」の数を得ているのが、丹下 覚元(たんげ かくげん)とおっしゃる僧侶。紹介文によれば、このサイトの主催者でもあるようです。

     その丹下僧侶の回答集がこちらです。
    http://hasunoha.jp/users/109


     いつくかのQ&Aを紹介しながら、考えたことを記してみます。

     テレビ番組で紹介されていたのは、この質問とそれへの回答でした。多分、「最多有り難し」と獲得しているのでしょう。
    死んじゃいたい。

     この究極の質問に対して、ご自身の壮絶な経験を交えて真摯に回答しておられます。キリスト教的に言えば、神様からいただいたご自身の経験を証して、教理を説いて、適用しておられるということでしょう。回答者自身が経験した試練を通じての恵みは、やはり、相談者の心に届き、説得力もあるのかと思います。


     次はこの質問ですが、心が痛みます。

    母を救った宗教に疑問を感じてしまう

     救われた喜びに満たされて宗教に熱心な母親によって、寂しい経験を繰り返してきたその子どもの正直な疑問です。30代の女性が、母が喜んでいる宗教に疑問を感じ、素直に喜べず、入信したいと思えない心に葛藤しているわけです。

     これは戦後2世代目のクリスチャンが経験することもおおいタイプの葛藤なのでは?逆に、「熱心に信仰生活を送ってきたのに、子どもが救われないのはなぜ?」と悩んでいる方は、この質問が子どもの声であり、自分を客観視できる場合もあるでしょう。子どもがこの質問者の母親が、正統的なキリスト教会のクリスチャンである可能性は否めません。回答は、質問者の心を理解し、整理するよいものだと私は思います。ただ、子どもである質問者が不健全な宗教ではないと評価いしているのですから、母親は教団に取り込まれたり、洗脳されてるではないでしょう。

     何より、相談に答える動機の中心に、「自分の宗教に勧誘しよう」との思いがないことが、信頼を受ける理由の一つだろうと思います。そのことは、以前、本ブログでも以下の記事で扱いました。

    葬儀を宣教の機会と考えるのは「助平根性」か?


     続くこちらは、仏道に歩み方からのシリアスな相談。
     
    大罪

     相談者の心に寄り添う回答が多い中、ここでは、「喝」を入れております。仏道にいた相談者ということで、相手を見て法を説いておられるのでしょうか?

     仏教における「懺悔」や「悔い改め」の一端が分かる相談と回答だと思います。この僧侶は、どうも来世や輪廻転生を文字通りには信じておられないようです。意外かもしれませんが、宗派によっては、あるいは僧侶によっては、来世の存在を信じない教理に立つ方も少なくはないようです。聖書でもサドカイ派は、来世を認めない宗派だったのですから、それなりに理解できるのでは?


     性的な問題に対していの丹下僧侶のこの回答はヤバいです。面白いのを通り越して、アブナイです。

    性欲の強さに困っています

     他の僧侶が真面目に答えている中、丹下僧侶の回答は、異例です。この回答、仏教用語を下ネタと結び付けているので、厳格な方からは「冒涜的」と非難を受けることでしょう。実在の一休さんが、かなり破天荒な僧侶で、庶民に人気があったように、この方の人気の一因はこうした破天荒さにあるのかもしれません。ふざけているようでも正しく「性欲の方向性」を示しているのはさすがです。

     心理学では「自己開示の相互性」というのがあるそうです。権威ある回答者が自らの弱さや恥ずかしい面を開示することで、相談者も、より深い自己開示ができるのでしょう。「じつは私もアタマの中はいつもHの事だらけ。Hと本堂の債務のことばかりのH坊主」と自らを煩悩の塊として示す自己開示は、過激だけれども、相談者の心に届く要素でもあるのでは?(もちろんマイナス要素が多すぎるとは思いますが)。少なくとも、性の問題については、上から目線でなく、回答者も性的葛藤を持つ者として、応えていくことが、相談者の尊厳を保ち、向上心を励ますことにもなると思うのです。


     いろいろ見てきましたが、キリスト教会でのQ&Aはどうでしょう?多くの場合は、聖書の原則が正しく適応されて、相談者がそれに従えば、問題解決に向います。でも、いつも、うまくいくわけではありません。

     時々「相談する前から、回答が予想できるから牧師には相談しない」という声をお聞きします。少し、悲しい思いがすると同時に、「イエス様はそうでなかったのに、なぜ今日の牧師はそうなっているのか?」と反省させられます。私など身に覚えがありすぎるのですが、真面目な日本人にありがちな「道徳主義的な信仰理解」を持ち、聖書を「クリスチャンルールブック」のように扱う指導者などは、信徒に相談してもらえない代表になりかねないのでしょう。

     仏教の僧侶たちの名回答には、学ぶところが多々ありますが、イエス様はじめ、信仰リーダーたちの「ありきたりでない答え」「予想を裏切る非正論」などのQ&Aが聖書には、多く記されています。時にイエス様による弟子たちの愚問への賢い回答伝統的教理に立った素直な質問への革新的回答などは、模範と言えそうです。

     そして、思うのです。「聖書中のQ&A実例」に注目して学び、キリストの心で相談者に接するなら、丹下僧侶に負けない回答者になれるのかも。
    | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 11:47 | - | - | - |
    君はお坊さんネット相談"hasunoha"を知っているか?(2)
    0
       昨日ご紹介した"hasunoha"を知って、考えたことがあります。

       「これって、キリスト教会でもできんかなー?」

       「渡辺和子先生やアーサー・ホーランド先生が回答者だと、マスコミが紹介してくれるかも?」

       「『いいね!』は『ハレルヤ!感謝します!』で『友だちにも知らせる』は『隣人にも恵みをお分かちする』にしては?」

       「そうしたら、教会の敷居も低くなるかも?」

       「心に届く回答がネット上で拡散して、聖書の教えが本物であることが広く伝わるのでは?」

       「結果的に、多くの方が教会に来てくれたり、救いに導かれるのでは?」

       どうでしょう?プロテスタントもカトリックも共に、超教派でとは申しません。せめて、教団単位で、あるいは地域の教会が合同で若手牧師だけ、女性教職だけもありでしょう。相談や悩みに、牧師や司祭が応えるというのはどうでしょう?


       でも、こんな声が聞こえてくるのです。

      「それより、現実の近隣住民との交わりでしょ!」

      「地域教会が建てられた地域に根差さなくてどうすんの?」

      「地域の弱り果てている方に届こうとしているのか?」

      既に出会っている人々に仕え、愛し、祈り、労して、救いに導くべきでしょ!」

      「散らさせた教会である信徒が、家庭、職場、地域で証しするのが聖書的本道なのでは?」


       "hasunoha"は、マネしたら、有効なアイデアだとは思うのですが、どうも、先にすべきことをしていない気がするのです。もちろんネットでの相談は、届くことの困難な方と教会をつなげる有効な方法となるでしょう。でも、本来の教会のありよう、聖書が命じる宣教の本質を後回しにして、それをすべきだろうか?とも思ってしまいます。あくまで、副次的な宣教方法、宣教方法の一部分として、検討すべきでしょう。

       ただ、僧侶たちの相談への回答に、その教理の適用カウンセリングマインドなど、教えられることは多くあります。そのことは、明日の記事で。
      | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 10:18 | - | - | - |
      君はお坊さんネット相談"hasunoha"を知っているか?(1)
      0
         先々週のテレビ番組で知ったのが、これ。

        「hasunoha」トップページ
        http://hasunoha.jp/

         お坊さんが、ネットでの悩み相談に答えるサイトです。テレビで紹介されたからでしょうか?トップページによれば、通常の100倍の相談件数で回答が遅れているようです。

        このサイトの説明はこちら。
        http://hasunoha.jp/docs/about

         テレビ番組での報道によれば、お寺離れの現状打破、なによりお寺の敷居を低くすることを願っての試みなのだそうです。現実的な悩みに、仏教の教えが役立つことを知り、救いを求め、お寺との関係を持つようにと願っているのでしょう。


         面白いやら、感心するやらのポイントはいくつもあります。

        以下のQ&A一覧を見ると・・・
        http://hasunoha.jp/questions

        こんな「但し書き」が。

        「回答は各僧侶の個人的な意見ですので、仏教教義や宗派の公式見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。」

         回答者となる僧侶は、超宗派ですから、見解は異なるでしょうし、さらには、個性的な僧侶、型破りの方もいらっしゃるようなので、所属する団体の教義や見解と異なる場合もあるでしょう。キリスト教会で同様の試みをしても、こうした但し書きは必要となるのかも。


         相談に回答する僧侶の一覧はこちら。
        http://hasunoha.jp/users

         トップに登場する丹下覚元僧侶は、壮絶な人生経験を持ち、本質を鋭く突き、型破りで、正直に弱さをカミングアウトする方のようです。「仏教界のアーサー・ホーランド先生」のように感じます。また、女性僧侶もおられ、女子プロレスラーを兼業している方もいて、びっくり。

         また、「いいね!」は「有り難し」で、「友達にも知らせる」は「娑婆にも伝える」と仏教用語に翻訳されているのも、面白いです。


         そして、その「有り難し」獲得数順お寺が紹介されるようです。
        「お寺一覧」
        http://hasunoha.jp/temples

         これは、脱宗教的社会となり、葬儀までがビジネス可され、地域と寺院が分断されている現代社会における興味深い試みだと思うのです。この"hasunoha"のサイトを読んで、考えたことは、次回の記事で。
        | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 08:36 | - | - | - |
        「舟の右側」の「焚き火を囲んで・・・」が深おもろいい!
        0
           久しぶりに雑誌「舟の右側」を購読したら、誌面がさらに変わっており、びっくり。「リバイバルジャパン」のころの面影はどこへやら。「舟の右側」というタイトルが示す「伝道的なコンセプト」も影を潜め、今では、「神学の広場」状態との印象を持ちました。しかも、聖霊派神学というよりは、どちらかと言えば、先端の福音派神学を扱っているようで、興味深いです。

           2月号から始まった連載「東風(こち)吹かば」は、タイトルからして、信仰エッセイかと思いきや、これが、東方教会の司祭による連載。「東風って東方教会かよ!」と思わず、ツッコミ。とにかく教派を問わず、読者にとって有益なライターを自由な発想で採用する編集長はスゴイと思います。


           そして、最新号を読んで、「編集長は油田を掘り当てたのでは?」と絶賛したいのが、「焚火を囲んで聴く神の物語」という連載記事であります。著者は日本イエスの大頭眞一先生。これが「深おもろいい」のです。神学的に深くて、面白さに笑えて、いい話なのです。

           「初代教会の次が宗教改革で、その次が戦後・・・?その三つ間に神学はないの?歴史は学ばないの?」との心配の声を福音派陣営から、時にお聞きしますが。この記事には、そんな声とは無縁の大頭先生の深く広い神学的素養の一端を垣間見る思いがします。しかし、その美点だけなら、「油田」の評価はしません。大頭先生がスゴイのは、神学的考察を、論説でなく、物語形式で提示していることです。そして、その物語の語り口がひたすら面白いのです。とぼけていたり、しょーもなかったり、機知に富んでいたり、抜群です。

           本文はもちろんのこと、学術論文なら、無味乾燥になりたちな「脚注」が、同誌寄稿者らの実名での引用があったり、見事なボケや小ネタなどもあったりで、高尚な内容が身近に感じられます。そうして、楽しく、笑いながら、神学的考察の旅ができるのです。「神学」というとどうしても専門用語が連発され、優れた知性の持ち主以外は理解困難になりがちです。物語神学のような先端のものは、さらにそうなるでしょう。しかし、この表現と様式は、神学を大衆化し得るのでは?と期待するのです。

           
           勝手な想像かもしれませんが、これは「物語神学」に立脚していると考えて間違いなさそうです。キーワードは「焚火」で、聖書が示す真理が、一つの命題で示されるものではなく、焚火を囲んでの対話の中に示されるという神学があるようです。2回目に相当する今回は、贖罪論を扱っているのですが、アウグスティヌスに由来する伝統的な贖罪論を問い直し、東方教会の見解も紹介しながら、その疑問点を示します。そして、キリストの三職(祭司、預言者、王)に相当する贖罪の三類型が相互補完的であり、三つが焚火を囲み会話をする中に神学的真理を見ようとするのです。

           「真理とは何か?」はギリシャ的発想、「真理とは誰か?」がユダヤ的発想と聞いたことがあります。まさに、この記事は、後者であろうと思います。贖罪の三類型による対話が示す真理を、キリストの十字架の物語の中に見出そうとしておられるように私は読みました。(間違っていたら申し訳ありません。)

           旧来の贖罪論を問い直すのですから、ある意味ラディカルな試みなのでしょう。しかし、物語という様式での考察や伝達は、抵抗感なく、私たちを物語の世界に引き入れて、焚火を囲む対話に参加させます。真理が命題としてではなく、物語中の対話の中に、示されていくかのようです。従来の神学枠組みや自分が育った団体の伝統的教理絶対視するなら、この記事の内容とコンセプトは、「真理の相対化」「伝統的教理の過剰軽視」「安易な神学上のエキュメニズム」との批判を受けかねないでしょう。

           大頭先生ご自身も、記事の冒頭で、前回の掲載を振り返って、「焚火だけに炎上?」「キリスト教界追放?」と恐れを抱いておられます。私自身も物語神学の賛同者でもなく、十分理解しているわけでもありません。でも、楽しく面白く神学的考察の焚火の対話に参加できました。そして、教えられたり、考えさせられたりです。神学的考察と霊性の深まりが同時進行して行くような感覚を持ちましたが、これは著者が意図しておられることなのでしょうか?

           物語神学に立ち、物語を通じて、物語神学によって聖書の真理を考察していくと思われるこのシリーズ。賛否はあるでしょうが、神学に関心のある方、信徒の皆さんに伝わる神学の伝達方法を求めている方には、ご一読をおすすめします。「アダムの目にも涙」というタイトルからエンディングに至るまで、まさに「深おもろいい」です。


          「舟の右側」2月号はこちら。「焚火を囲んで・・」は1月号から連載が開始しています。
          年間購読予約をされるとお得のようです。
          http://www.revival.co.jp/2016/funeno-migigawa-01.php



           参考までに「物語神学」を検索してみて適当と思われた学術論文を紹介しておきます。東大で教鞭をとる宗教心理学者である堀江宗正先生の論文です
          http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/26083/1/rel01505.pdf

           以前に「リバジャパ」でも「他者からも学ぶ 神学交歓」として山崎ランサム和彦先生が物語神学を紹介しています。
          http://www.revival.co.jp/rj/2011/08/post-179.php
           
          | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 16:14 | - | - | - |
          2月15日、東京で牧師のための12ステップがスタート
          0
             藤掛明先生のHPで知りました。牧師のための自助グループの必要性は、常々覚えてきました。まさに朗報!牧師のための12ステップが2016年2月15日から開催されるそうです。こうしたオープンな形で参加募集がされるのは、画期的と言えそうです。主催者と言いますか、世話人が、私も個人的に存じ上げ、信頼している牧師であることもあり、紹介させていただきます。

             日程は、月一回の月曜日、時間は午前10時から正午まで、会場は日暮里ひろば館(JR日暮里駅から徒歩3分)で、参加費無料とのこと。申し込み・連絡先は、藤掛先生の記事をご覧ください。

            ブログ「おふぃすふじかけ」
            朗報・「牧師のための12ステップ」2/15から
            | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 10:43 | - | - | - |
            「ティーンチャンレンジ」が分かる動画の紹介
            0
               先日、清原氏の逮捕との関連で「ティーンチャレンジ」の働きを紹介しました。一読者から、同団体を知るのに最適の動画を教えていただいたので、ご紹介します。日本のCGNTVが取材をして制作した番組です。実際の更生プログラムの様子、変革の基本にある祈りとみ言葉、そして、変えられていく生徒たちの現実が何より説得力があります。

              「日本CGNTV リバイバルの風ー26編」
              https://www.youtube.com/embed/P3cxjjo1wzo?rel=0&controls=0

               単純な私は、筋骨隆々でタトゥーを入れた青年が、清原氏に重なります。彼が、いつか、ここに来てくれることを願うのは、決して夢物語ではないでしう。「球界の番長」が「キリストの僕」となって、人生を再スタートすることを夢見ます。キリストにあるなら、いいえ、キリストにあってこそ、人生の逆転ホームランは可能なはず。

               そのために、神様は、元暴力団・元薬物中毒者の牧師やクリスチャン、元野球選手のクリスチャンを用いられるかもしれません。そんな大胆な信仰を燃え立たせてくれる動画です。ぜひ、ご覧ください。
              | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 20:12 | - | - | - |
              清原氏薬物容疑逮捕に際して、一薬物更生施設の紹介
              0
                 清原氏の薬物疑惑での逮捕で日本中に衝撃が走りました。週刊誌報道があった時も、離婚をしても、やめられず、愛して止まない息子たちのためにやめようとしてもやめられず・・・。薬物の恐ろしさを思います。私自身も実感がないのですが、一般に知られているより遥かに、違法薬物は身近なものとなっているようです。

                 時々、クリスチャンホームの子どもたちや大人のクリスチャンたちの中にも薬物依存の問題は、起こります。私も何度か相談を受けたことがあります。そして、専門家の協力がないと、正しい支援ができないのが現実です。都市部なら、依存症専門の医療施設もありますし、各地に、薬物更生施設や自助グループもあるようです。しかし、私はキリスト教主義でありなおかつ優れた実績を持つことなどから、ある団体を紹介することが多いです。

                 それがキリスト教主義の薬物更生施設ティーンチャレンジ

                サイトはこちらです。
                ティーンチャレンジ・ジャパン
                http://www.teenchallengejapan.com/

                「ギャンブル依存」と「薬物依存」のページには、ティーンチャレンジで更生し、今はスタッフとして働いている方の体験談も。


                 この団体、朝のワイドショー「スッキリ」で、ホイットニー・ヒューストンが亡くなった際に、代表者の木崎先生が電話インタビューを受けているのが放映されました。
                 
                 その時の記事がこちら。
                今朝、ホイットニー報道で日本のティーンチャレンジが声のテレビ出演


                 ティーンチャンレジは世界規模の団体で、創始者は、著名な伝道者デビット・ウィルカーソンだと思います。昔、その働きを記した「十字架ととびだしナイフ」を読んで、大変、感動しました。この働きは、世界中で大変高い評価を受けています。サイトに「世界85ヶ国に500の更生センターを運営し、85%という驚異的な更生率を持つ団体です。」とある通り。逆に日本のキリスト教界では、あまり知られていないのが不思議なくらいです。

                 代表者の木崎先生とは、以前、東京の某教会でお会いし、恥ずかしながら、その時に初めて、日本にも「ティーンチャレンジ」があることを知りました。以前は、沖縄に更生施設があったのですが、近年は岡山市に移り、さらに充実した働きを進めているようです。今年の6月は、生まれて初めて岡山市を教会の奉仕で訪ねます。その際に、ティーンチャレンジの施設も見学したいと願っています。

                 清原氏の疑惑はどうも事実のようですから、正直にすべてを話し、罪を償い、更生施設などの支援を受けて、いつの日か、息子さんたちに恥じることのない人生を歩んで欲しいと切に願っています。
                | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 22:34 | - | - | - |
                FFJのジェンダーセミナーのお知らせ
                0
                   今週の土曜日については、紹介すべき集会がまだ、ありました。LGBTなどの問題についてのセミナーがFFJ(ファミリーフォーラムジャパン)主催で持たれます。午後と夜の二回ですが、同じ内容で、テモテ・コール先生が講演をされるようです。

                  現代のジェンダーについて考える
                  日時:2月6日(土)14:00〜16:00
                  日時:2月6日(土)18:30〜20:30
                  場所:御茶の水クリスチャンセンター

                  ※参加費無料、席上献金あり、書籍DVD販売あり
                  詳しくはこちらのサイトで、
                  http://www.ffj.gr.jp/

                   
                  | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 16:34 | - | - | - |
                  某神学校の神学生によるアポなし教会訪問
                  0
                     名古屋市内で牧会をしている知人牧師のFBで得た情報です。それによれば、本日、タラッパンの神学校(レムナント学園日本神学校)の神学生がアポ無しで、「教会の歴史、成り立ちをお聞きしたい」と来会したのこと。どうも「アポ無し」も神学校の指示らしいとのこと。(電話やメールでアポをとれば、断られるからでしょう。)

                     知人牧師はこう告げてお帰りいただいたそうです。

                     「これから集会があるし、アポ無しでは対応できません。そのような指示を神学校がされるのはどうかと思います。御国イザヤ先生によろしくお伝え下さい。」

                     丁寧にお断りしながらも、言うべきことははっきり伝えられ、さらに指導者名を出してけん制?するとは、さすが、大人の対応です。

                     
                     しばらくの間、名古屋を中心として東海地区の諸教会に、タラッパンの神学生の訪問があるかもしれません。「日本神学校」「レムナント学園」という名称の教育機関は、タラッパン関連ですので、その旨、ご理解の上、対応をされることをお勧め申し上げます。


                     関連記事ですが、昨年の7月には、同校から地域の教会へ神学生の受け入れ要請がありました。

                    某神学校からの学生派遣受け入れ要請についての情報 (07/04)


                    〈追記〉
                    タラッパンについての資料として以下のものを紹介しておきます。日本での過去の活動から近年の「異端解除」の実質までを記しています。

                    「タラッパン関係資料のページ」
                    http://www.geocities.jp/waytruthandthelife/tarappan.html
                    | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 19:27 | - | - | - |
                    ベッキー、川谷問題を論じたブログ記事の紹介
                    0
                       二人のクリスチャンブロガーがこの事件を論じておられるのをさっき知りました。両者とも鋭い考察をしておられる有益な記事だと思いましたので、紹介しておきます。

                       一つは藤掛明先生のブログです。
                      ブログ「おふぃす・ふじかけ」
                      「川谷絵音的生き方と、ベッキー的生き方」


                        もう、一つは久保木聡先生のブログです。
                      ブログ「久保木牧師のきらきら探訪〜ゆるりと生きる」

                      ゲスの極み乙女。川谷絵音の最近2年を見つめてきて思ったこと

                       お二人の記事には、深い共通点があるようにも、また、それぞれに教えられることがあると思います。
                      | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 20:25 | - | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE