命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(4) | main | WATOTOへ行こう! >>
アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(5)
0
     今回と取り上げたいのは、「女性の二次被害」。これは二通りあります。

     一つは、興味本位で、あるいは男性を理解しようと、一度見てしまい、それにはまってしまうパターン。これは女性によって大きな個人差があるでしょう。かつて、クリスチャンである独身の高校女性教師が男子生徒たちの指導のために、一度限りのつもりで見てしまいました。やがて彼女は、自力ではもうやめられなくなってしまったそうです。ある時、決意をして牧師にそのことを告げて悔い改めて、辞めることができたとか

     もう一つは、見ることで傷を負ってしまうパターン。ある女性が夫が隠れて見ているアダルトサイトを、夫がいない間にアクセスして覗いてしまいました。それはとても過激なもので、その女性はPTSDを発症してしまい、フラッシュバックに悩まされて続けたと言います。私の予想ですが、ひどい性虐待が描かれているシーンを見てしまうと、自分が追体験をしたようなショックを受けるのではないでしょうか?

     よく、「中学生の息子がアダルトサイトを見ていると判明」して、悩むクリスチャンの母親に出会います。私は父親がそれを一瞥し、注意するのはいいですが、母親は見るべきではないと思います。その内容によっては深い傷を受けるでしょうし、息子に対して冷静に接することが困難になるかと思うからです。

     アダルトサイトやアダルトビデオには、母親や妻達の二次被害が起こりうるリスクのあることをあらかじめ知っていただきたいと願います。
    | | ポルノ・アダルトサイト・性暴力 | 08:13 | comments(7) | trackbacks(0) | - |
    初めてコメントさせていただきます。先生個人宛です。
    遅くなりましたが、数ヶ月前に、先生にご相談のメールをしたら、すぐにお電話いただいたこと心から感謝しています。友人のお嬢さんの風俗通いの件でした。まだ解決はしていません。問題の深さを感じています。
    昨日のデボーションは下記の内容でした。ご紹介させていただきます。日本の教会も「向き合う必要」を感じます。先生の日本の教会の現状に「一歩」先をよんだ警笛を感謝しています。神を信じるものの人生・家庭・人格・そして結局は神から与えられたいのちをどれだけ愛し、尊べるか、なんだなと思いました。


    THE UNINVITED HOME INVADER
    Scripture Reading: Philippians 4:8-9
    Whatever is true, whatever is noble, whatever is right, whatever is pure … think about such things.
    Philippians. 4:8

    In recent years some highly respected pastors have been found out to be addicted to online pornography. In most instances it was the last thing they intended or expected. It happened gradually, with devastating consequences for their families, churches, and careers.

    For every pastor who has been publicly exposed, there are thousands of other people who have fallen prey to pornography. Computers and the Internet, which have enriched our lives in many ways, have also brought in an uninvited home invader. Online porn has caught many people unawares of the consequences of a first look, not realizing that pornography’s lure can be as addictive as drugs or alcohol.

    The apostle Paul urges us to think only about things that are right and pure. In Matthew 5:29 the Lord Jesus says that if our eye causes us to sin, we’d be better off to gouge it out. If you have started watching, stop today. If you are addicted, go for help. If someone in your family has become addicted, step in now. And make sure you know what your children are watching.

    In 1 Corinthians 10:13 Paul says that whenever we are tempted, God provides a way out. One way to avoid this temptation is to use a filter. Every home and every church with Internet access should have a filter that keeps the uninvited invader out.

    Prayer:
    Lord, we pray for all who have become addicted. Give them the help they need and the courage to accept help. Whenever we are tempted, Lord, show us the way out. Amen.

    Rev. Arthur J. Schoonve
    | 芦田順子 | 2008/05/20 8:50 AM |
    実害講座を読んで、とんでもないものを見てしまったと思った。

    いつから何故覚えたんだろうか、思い出せないが幼い頃からマスタベーションを繰り返していました。アダルトサイト等は見たことはありませんでした。
    しかし何かのきっかけからアダルトサイトを見てしまいました。非常にショッキングでした。今まで何度か見てしまいましたが、見たその何日間かはそれが頭から離れないです。気分は最悪、吐き気がします。人間関係にも影響する程メンタル状態は最悪に落ちます。


    記述の通りセックスが怖くなりました。自分はサイトで行われている同じ事が出来るのだろうかと思うととても不安になりました。セックスが自分の絶対に知られたくないとても恥ずかしい部分を明らかにされる行為のように思えてなりません。

    いつか愛する人とセックスをする時に思い出してしまうのではないかと思うと非常に怖いです。

    性的な刺激と誘惑を感じる弱さがあるのは女性も同じ。

    自分が良い例ですし、友人にも苦しんでいる人がいます。

    だからいつも性的な問題を取り上げられる時に、女性は男性のような事はないにせよ気を付けてくださいという様なものを読むと、気付かれていないバレていないという侮りにも似た安心感はあるものの、本当はそうではないですという違和感を覚えます。


    女性とひとまとめにも出来ませんけれども、そんな女性もいるという事は事実です。

    女性にアンケートを取った結果の記述がありましたが、本当に苦しんでいる悩んでいる所はなかなか書けるものではありません。男性も同じと思います。

    自分の不安定さや寂しさを埋めるため、特に月経に関係して誘惑は大きくなります。

    性的な面。具体的には幼い頃からのマスタベーションは自分の人格形成にも大いに関係していると思います。いつも恐れているものがある。人に言えないものがある。人間関係にも大いに関係します。

    しかし信頼できる友人とその事実を明かし合えた経験は自分を随分と解放させました。

    一度は一年間ほど抜け出せたもののまた逆戻り。その後アダルトサイトの観覧が始まってしまいました。
    汚れを自ら負ってしまった自分。しかしキリストにより雪より白くしたまえと願います。
    | J・D | 2008/05/21 9:32 PM |
    母と妻だけを想定していましたが、独身女性の弱さや苦しみをお伝えくださってありがとうございます。女性の性は男性ほど普遍化できないので、触れられることが確かに少ないですね。
     そんな中で、真実なコメントありがとうございます。苦しみながらも問題に向かい合い、読者と分かち合うその姿は、同じ葛藤に苦しむ女性に大きな勇気を与えると思います。
     また、コメントをいただいたことでJ・Dさん自身に解放と癒しがあるようお祈り申し上げます。
    | ヤンキー牧師 | 2008/05/21 11:46 PM |
    水谷先生、今日は。J・Dさん、初めまして。苦しんでおられるのですね。私も独身で、J・Dさんのお気持ち、よく分かります。私は中学生の頃から同人誌を読んでいました。BL(ボーイズ・ラブ)同人誌です。現在、きっぱり止めましたが、映像は頭から離れません。見てしまった…ご自分を責めないで下さい。私も見ました。読んでいました。性的葛藤、苦しみますよね。私がJ・Dさんにおすすめしたいこと、それは激しい運動です。体型に関係なく、凄く良いですよ(^^)。そして、読書(水谷先生の本、良いですよ^^買って何度も読んでいます)、名作映画の鑑賞、賛美、苦手科目の勉強をノートを買ってしてみて下さい。また、人の為、自分の為、寄付したり、動いてみて下さい。J・Dさん、忘れないで下さい。貴女は尊い主の器ですよ!何時か愛する人と巡り合えます。主の栄光を現す時…貴女も素晴らしい男性と出会えます。大丈夫!ニューホープ・クリスチャン・フェローシップチャーチのウエイン・コデイロ先生にメールしました。礼拝を見たら、「シスター。主は貴女の泣く声を聴いておられますよ」・・・と!生きて下さい。わかって下さる方、きっといます!大丈夫です。そしてお願いです。もうPCの電源を抜く位の覚悟で、サイトに行かないで下さい。お願いです。もう同人誌も漫画も止めました。画集(アニメ、漫画)も捨てました。出来ます、止められますよ!決断してほしいのです。信じて下さい。全能の神様、自分のことを。愛されているからこそ、愛しているからこそ…将来、J・Dさんはポルノ撲滅運動に関われるかも知れないのですよ!ポルノ中毒の人にアドバイス出来ます!自分を信じて、頑張って!J・Dさん、貴女なら出来ます!私も貴女の味方です!
    | VICTOR | 2012/05/19 9:56 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2013/11/19 11:47 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2013/11/30 7:26 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2014/03/01 1:52 AM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/770
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE