命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(3) | main | アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(5) >>
アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(4)
0
     今回は極端な男性優位主義がもたらす実害。アダルトサイト・ビデオの世界は、基本的なコンセプトは男性優位主義。男性に買ってもらうために、男性の性的願望を満たすように作られた商品ですからある意味必然でしょう。

     そこでは、男女が喜びを共有する性とは別のものが描かれます。女性が男性に奴隷のように仕えたり、男性の命令通りの性行為をさせられたり、人格を否定されるように男性の性欲のはけ口にされたりする作品が主流かと思うのです。

     聖書の第一コリント7:3−5によれば、夫は妻に、妻は夫に対して、つまり相手に対して性的義務を果たすように命じています。そして妻の体は夫のもの、夫の体は妻のものです。夫婦の性においては自分の肉体は相手のためのもの、いいえ、相手が持ち主なのです。ですから、夫婦の性生活では常に自分中心ではなく、相手に対して義務を果たし、相手のために自分の体を用いるのです。夫婦がお互いに相手に喜びを与えようとするのが幸せな性のあり方。

     ところが、アダルトサイト・ビデオは男性が自分を喜ばせるための性が描かれています。それは自己中心な性であり、女性にしたいこと、させたいこと、してもらいたいことが中心。商業化された性描写ですから、現実の性や正常な性、あるいべき性を描かないわけです。

     時々コメントを下さる久保木牧師のブログのある記事に、「夫婦でもAVのようなセックスをしないように」という内容が書かれていたのを思い出します。クリスチャンであっても、聖書が明らかに示している幸せな性関係の原則を知らずに、アダルトサイトやビデオを見続けれるなら、その性生活は幸せからは遠ざかってしまうのでしょう。「夫の満足のための性生活、そのための手段にされる妻」というAV的な性に堕落してしまってはなりません。

     この日本社会に生きる私たちは、「誰の言葉によって」自分の性生活を築き上げているのでしょう?祝福をもたらす神の言葉か?性の歪をもたらす興味本位で商業主義的な言葉か?私たちの性生活の原則は何でしょう?聖書の言葉に従って性生活を考えているのか?それとも、心に焼き付けられたアダルトサイトやビデオの映像をなぞっているか
    | | ポルノ・アダルトサイト・性暴力 | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    (3)にも通じるかもしれませんが、アダルト・ビデオは、女性の性行動にも悪い影響を与えてるというレポートは有ります。アメリカでのレポートですが、特に、若い女性の間で、男性のもてるには、そのような行為や振る舞いが必要なのだと考えて、自分でない自分を演じる者が増え、自分で選択した自己否定のために、自分でも理解できない不満足を抱えていたり、それを解消したいために、行動が更にエスカレートしたり、他の刺激を求めることにつながっているそうです。私自身は、そのようなレポートを直接読んだことがありませんが、神学院の授業中に、同級生がそのようなレポートを取り上げてコメントをしたことがありました。
    | 細木 | 2008/05/17 11:27 PM |
    納得です。確かに予想される悪影響ですね。この点は推測できないでいました!女性の悲しさを思わせますね。いつも有意義な情報をありがとうございます。
    | ヤンキー牧師 | 2008/05/18 9:55 PM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/769
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE