命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< ガソリン税廃止、パソコン・携帯税導入? | main | 続・授業参観で考えた教会教育 >>
見つけよういい男(2)
0
     故本田弘慈先生は素直に「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるかどうかで、クリスチャンの品性が測られるとおっしゃっていました。それは、結婚相手も同様でしょう。

     いざというとき、女性に向かって素直に「ごめんなさい」が言える男性は人間が大きいです。男性として、夫としての器が大きく将来有望かと思います。自己改革もしやすいので、よい夫に育つ可能性は高いかも。

     幸せな恋愛や結婚の障害となるのはつまらない男のプライドとやら。女性に謝るということは、自分が相手女性よりある意味で下になること。誠実な男性にはそれはあまり苦痛ではありません。

     しかし、これができな男性も少なくないようです。女性が自分より優位になると過剰反応したり、とてつもなく不愉快になったり、怒りが込み上げてくるのは、男性としての幼稚さや器の小ささを意味すると私は思います。

     また、逆に軽々しく「ごめんなさい」を連発する男性は考え物かも。まず、このごめんなさいは心がこもっておらず、自分を責めないようにとの予防線を意味するのでしょう。自己保身的な男性であることや自信の無さを意味する場合もあるでしょうし、人間関係を作るその人なりのテクニックであるのかもしれません。これはあまり評価できないごめんなさいなので要注意かも。

     「自分の過ちを素直に認めて謝罪し、関係を回復すること」そこれは神と人との関係でも夫婦の関係でも、決定的な要因だと思います。素直に心を込めて「ごめんなさい」が言える男性、私はそれが「いい男」だと思っています。

     
    | | 「ツチノコ男」&「いい男」シリーズ | 14:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    いや〜ガツンときました。
    まだまだ自分は器が小さい小さい!

    本当プライド高いなぁって思います。
    もっと砕かれていかないとなぁ。。

    いい男シリーズ感謝です!
    | ツトム | 2008/02/12 11:18 PM |
    程度問題だと思ってください。私自身も結婚してからゴンゴン砕かれて成長させていただきましたから、結婚準備としては努力目標ということで心がけてみては。
    | ヤンキー牧師 | 2008/02/13 11:26 AM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/635
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE