命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 成功するために召されたのではなく、忠実に仕えるために召されたのでは? | main | 神が今日求め給う「傷ついた癒し人」と「傷つける愛し人」 >>
プロ野球ポッドキャストで再び、ドラゴンズを語る
0
     大野キリスト教会を牧する中澤信幸牧師が、スタートしましたプロ野球ポッドキャスト番組。シーズン開始を受けて、光栄なことにトップバッターは私となりました。今週月曜に2回目の収録を済ませ、昨日既にアップされております。

     ご存知ない方はこちらを。

    「プロ野球ポッドキャストの番組紹介 」
    http://nobu.bokushi.jp/pykp000/

     昨日アップされたその番組がこちら。

    中日ドラゴンズvol.2 2016年4月(ミズタニさん)
    http://nobu.bokushi.jp/pykp005/

     今回は25分にわたり、至って真面目な野球解説をしてしまいました。次回からはもっと面白くせねばと反省。やはり、名古屋弁を入れるべきかと検討中。

     ポイントは、ほぼ5割の勝率ながら、上位チームとも対等に戦えそうな戦力になっていること。打撃成績打率部門は月曜の時点ではビシエド選手が1位で、高橋周平選手が2位であります。誰も予想しなかったこの新戦力台頭。この二人は怪我さえなければ、シーズンを通じてかなりやるでしょう。中継ぎ抑えも安定し、昨年に終盤の逆転と僅差での敗戦の多さはないでしょう。打線の弱さと先発のコマ不足は否めませんが、しばらくは、5割程度の勝率はキープできると読んでおります。既に今年もホームで強く、アウェイで弱いのが、予想できてしまいます。これは中澤牧師も指摘してくださったのですが、球場動員数が増えるので、プラスに評価すべきなのでは?

     楽しみなのは、シーズン中に若手が成長し、ベテランの復活が期待できるので、だんだん強っていくことです。高橋周平に続いて、堂上直倫がレギュラー定着、若手投手の台頭があり、吉見、浅尾、岩瀬らが一定戦力になる期待もあり、ドラ1の小笠原投手のデビューもあるのでは?と後半戦が楽しみです。3位から上位は行けそうですし、優勝も夢ではないとの展望を語っております。

     というわけで、完全に牧師を捨てて、名古屋の居酒屋でよく生息が確認されるただのドラゴンズ親父となっております。プロ野球ファンの皆様はぜひ、お聴きください。
     
    | ヤンキー牧師 | スポーツ | 16:49 | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE