命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 国民的課題?としての「仮面ライダー1号の引退と老後」 | main | 教会たてこもり事件の記事に寄せられた言葉 >>
教会立てこもり、人質女性保護、これからのために祈りたい
0
     昨夜、ニュースを知り、祈りました。日本長老教会と知り、関係者に知人がいる可能性もあり、いよいよ心配に。今朝のテレビ報道を見て、まずは、男性は逮捕され、人質が保護されたのことで、一安心しています。

    男を逮捕、人質女性保護=説得応じず、突入―教会立てこもり・千葉県警

     人質は女性カウンセラーだったとのこと。どんなに恐ろしかったかと察するばかりです。カウンセリングにはこうした危険も伴うことを改めて認識させられました。女性カウンセラー自身の心身の癒しを願っています。

     逮捕された男性は、両親と共にカウンセリングを受けていたようです。多分、クリスチャンホームの息子さんなのでしょう。ご家庭や教会にとっての痛みであったことを想像します。その問題に向き合おうとしていた中での出来事だけに残念でなりません。

     事件化してしまい、名前も報道されたので、息子さんは当然のこと、ご両親と牧師、信徒たちのこれからを案じます。とりわけ、ご両親と牧師には、様々な非難や誤解に基づく誹謗中傷が予想されます。しかし、それにまさる周囲の愛の支援ととりなし祈りがあることを覚えます。いいえ、そうであるよう祈ります。

     明後日は、同団体である日本長老教会での礼拝奉仕です。しかも、午後は家庭問題の講演で、信仰継承についてお話しします。昨年も今年も三回のシリーズで、家庭講演会をしています。それだけに、この事件には、通常以上に心を痛めています。その裏返しとして、教会内での子育てや結婚にについての教育がどれほど大切であるかを痛感します。言葉には出さずとも、この事件の痛みを胸に、特別な思い入れをもって、聖書から真理を語ってゆくつもりです。

     事件化に至らないだけで、同様の課題や痛みが多くの教会に集う家庭にあることを思います。まずは、同じ教会に集う家庭の痛みや破れ口を知ったなら、とりなし祈るお互いでありたいと願うのです。キリストの体の一部が苦しんでいるなら、全体も苦しむような、「体らしさ」に歩む教会でありたいと願います。もし、私たちの内に、それを阻む愛の乏しさ、非聖書的な個人主義があるなら、それを認め、悔い改め、克服してゆくことが神様のみこころに違いありません。

     詳しいことは分かりませんが、事件後こそ息子さんとご両親がよい関係に向かうように、牧師をはじめ教会が共に痛みつつも、祈り執り成し、支え、労していくことができるよう願ってやみません。報道に触れて、想像も含めて、そんなことを思いました。

    〈追記〉
     10:30の時点で、既にFBの方では、多くの方より、意義深いコメントをいただきました。教えられた多くのことを反映して記事を記し、明日にはアップしたく願っています。間もなく出かけて15時頃に帰宅します。FBでのコメントはどうぞ、ご自由に。多すぎて返答できない場合は、失礼をお赦し下さい。
     
    | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 09:23 | - | - | - |
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE