命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< キリノ大統領についての追加記事 | main | 川崎中一殺人事件を覚えて、過去記事のご紹介 >>
後藤健二さんを覚えて、もう一つ過去記事の紹介
0
     忘れておりました。もう、一つ過去記事を紹介しなくては!昨年の6月8日(日)午後に持たれた春日井9条の会でのスピーチとその関連での記事です。私は、スピーチにあるような理想は、聖書が示す神の国の具現化だと考えています。同時に、どうしようもない人の罪や破壊的暴力の存在がある現実の中で、段階的に前進する歩みについては、現実主義から理想主義までかなりの多様性があるという見解です。

     「聖書的な理想を目指さない現実主義」は、み言葉に歩んでいない間違った妥協であり、他方、「聖書的な理想を掲げて現実性のない主張をする理想主義」は、神の国の具現化に対しての無責任な姿勢ではないかと感じます。つまり、目指すべき方向は聖書的理想であり、そこに向けての具体的歩みは教会に委ねられた現実性のあるものだと考えています。その意味で、9条の会では目指すべき理想や方向性を語りました。同時に政治の現実性を重んじることは、政治的見解の多様を認めることだと思うので、安易な政権批判は控えました。

     では、以下に後藤健二さんを覚えつつ語った「春日井9条の会」での5分間スピーチを再度掲載します。


     キリスト教の中心的な真理は「愛」です。聖書は、人間が神の愛に立ち返り、神と人を愛し、人と人の間に平和を作る歩みを命じています。イエス・キリストご自身も「平和をつくる者は幸いです。」と教えられました。しかし、歴史を顧みるなら、教会が国家権力と結びつく時、多くの戦争が神の名によって正当化されてきました。私自身も、そのことを我が事として悔い改め、平和を作る歩みを願っているクリスチャンの一人です。
     
     今日は、そんな私の平和への思いを新たにしてくれた一人のクリスチャン男性についてお話しします。その方は、戦場ジャーナリストとして、戦争に苦しむ人々、とりわけ弱者の姿を伝えていました。幾度となく命の危険にさらされる中、思うところがあったのでしょう。彼はキリスト教会を訪ね、1997年、洗礼を受け、クリスチャンとなります。

     昨年には、テロリスト組織に拘束された友人を助けようと、妻と幼い娘さん二人を残して、危険な地域へと旅立ちました。しかし、不幸にも彼自身も拘束され、人質となります。そして、今年の1月31日、斬首という方法によってその生涯を終えました。
     
     もう、お分かりかと思います。彼の名は、後藤健二。日本基督教団・田園調布教会に所属するクリスチャンです。後藤さんは、クリスチャンとしての使命感をもって、一貫して「武力によらない平和」を訴え続けてきました。

     ISから発信された映像の中で、人質となった後藤さんは目の瞬きによってモールス信号を送っていたと言われています。その言葉は「助けるな」「見捨てろ」だったそうです。彼は、憎しみと報復の連鎖を、自らの命をかけて、防ごうとしたのかもしれません。

     「平和」を考える時、私は、生涯、後藤さんと彼が残したメッセージを忘れることはないでしょう。後藤さんの生き様、そして、死に様を胸に、武力によらない平和の実現を祈り願い労するクリスチャンの一人でありたいと願っています。
     
     「武力によらない平和」、日本が国際社会において、それを実現していくのに必要不可欠なものは、憲法9条に他ならないでしょう。聖書によれば、私たち人間は誰もが罪人です。利害が対立すれば憎しみが生まれます。お互いの違いを尊重できずに争います。そして、正義、平和、神様の思し召しなど、もっともらしい大義名分をもって、国家と国家が戦争を始めます。

     憲法第9条が示す国際紛争の解決手段としての武力の放棄は、大義名分によって戦争を正当化する道を阻み、憎しみと報復の連鎖を断ち切り、その文言通り、「正義と秩序を基調とする国際平和」を実現すると私は期待をしています。

     キリスト教的な表現に置き換えますなら、私たち人類の愚かさと罪深さが生み出しかねない悲惨な逸脱に歯止めをかけ、人類が目指すべき平和へと私たちを導くガイドライン、それが憲法第9条だと思うのです。そして、そうした平和こそ、神が願っておられる平和であり、その平和を希求する崇高な理念は、聖書の教えにも通ずるものだろうと考えています。

     その意味で、日本に生きる一クリスチャンとして、9条の会の皆様のこれまでのお働きを感謝し、また、今後のご活躍を心から期待しております。

     
    | ヤンキー牧師 | キリスト者として考える社会事象 | 14:35 | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE