命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 親ラブ族の普遍性〜いまどきの牧師と信徒の関係も? | main | 誕生日、塩対応で、ごめんなさい >>
仮想裁判「あなたも野々村元県議?」
0
     また、やってくれました、野々村元県議。厳粛なる裁判の法廷を「ののちゃんワールド」と化し、裁判をエンターテイメントに変質させ、マスコミに格好のネタを提供してくれました。裁判所の信頼を失っているという理由もあるのでしょう。結局、二か月の拘留となってしまいました。

     質問によって有利な材料を引き出すはずの弁護側の質問には、「記憶にない」「覚えていません」あるいは「記憶を確認しますので」と言い、しばらくの黙考検察の質問にも、同様の応答の繰り返し。しびれを切らせた裁判官からは「そんなに難しいこと聞かれているわけではないでしょう。」とお叱り。それに対しても野々村元県議は「難しい」と即答したのだとか。


     今朝のワイドショーでは、「弁護側を呆れさせ、検察側を困らせ、裁判官を苛立たせ」とそのトホホ振りを巧みなフレーズで報道しておりました。


     その時、ひらめいたのです。

     「弁護側を呆れさせ、検察側を困らせ、裁判官を苛立たせ

     これって、他人事じゃないよなーと。



     裁き主である神様に対して、私たちの「弁護人」となってくださる「イエス様」

     みことばと共に働き、私たちに罪を罪として悟らせ悔い改めと回復に導く「検察」ならぬ「ご聖霊」

     そして、唯一絶対の裁き主である「裁判官」ならぬ「父なる神」


     示されている罪を罪を認めようとせず、このお三方著しいご迷惑をおかけしてしまうことってないでしょうか?

     「御子を呆れさせ、御霊を困らせ、御父を苛立たせ

     そんなことってないでしょうか?


     そこで思いついたが「仮想裁判」です。サブタイトルは「あなたも野々村元議員?」その裁判の様子をいかにレポートします。

    仮想裁判あなたも野々村元議員?」

    御父(裁判官)「まずは、弁護側の被告人質問から行います。弁護人は質問を。」
    御子(弁護) 「被告は訴えられている罪の事実を認めて、悔い改めていますね?」
    被告(自分) 「訴えられているような罪については覚えていません

    御子(弁護) 「罪を言い表すなら、裁判官は真実な方ですから、その罪をゆるしてくださるのですよ」(汽茱魯唯院В后
    被告(自分)  「そう言われても、記憶にございません

    御子(弁護)  「私はあなたの弁護人として、十字架に架かりました。その時、流された血によってすべての罪からきよめられるのですよ!」(汽茱魯唯院В后
    被告(自分) 「記憶を確認しますので・・・(15秒後)やはり、赦していただくような罪の事実については、その記憶はございません」

    御父(裁判官)「続いて、検察側の被告人質問を行います。」

    御霊(検察) 「さっきから、罪を認めないようですが、み言葉の光を受けてみてどうですか?」
    被告(自分) 「受けたような受けないような・・・よく覚えておりません。」

    御霊(検察) 「あなた、訴えらえているような行為をしたでしょう?私たちがみ言葉を通じて示したはずです」
    被告(自分) 「そうした記憶はございません。」

    御霊(検察) 「もし、罪がないと言うなら、自分を欺いており、真理はあなたの内にないのですよ!」(汽茱魯唯院В検
    被告(自分) 「記憶を確認しますので・・・(15秒後)やはり、赦していただくような罪の事実については、その記憶はございません」

    御父(裁判官)「そんなに難しいこと聞かれているわけではないでしょう!自分の罪を言い表すだけ、自分のした通りのことを告白するだけです。そうすれば、罪は赦され、すべての悪からきよめられるのです!それって、難しいですか?」
    被告(自分) 「(即答して)はい、難しいです。」

    御父(裁判官)「もし、罪を犯していないというなら、神を偽り者とするのです。神の言葉はあなたの内にはありません」(汽茱魯唯院В隠亜
    被告(自分) 「そう言われましても、記憶がございません。」
    御父(裁判官)「今日は結審しません。協議の結果、次回の裁判まで被告人を罪の鎖をもって、最大二か月間拘留することとします。」


     ヨハネの手紙第一の1章ってこういうことなのかもしれません。罪が赦される神の側の恵みと罪を認めぬ人の側の頑なさが、対称的に描かれ、罪を罪を認めぬ残念な姿とその報いが記されています。

     クリスチャンにとっては、今回の裁判、「野々村の振り見て、我が振り直せ」なのかもしれませんね。
    | ヤンキー牧師 | 信仰エッセイ | 15:21 | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE