命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 妬みについての聖書的考察(4)〜妬みを克服するもの | main | 10月のご愛読を感謝します。 >>
コント「おいらのペットはハムスター」
0
     ヤンキー牧師とウンチク牧師のコント「おいらのペットはハムスター」

    ヤ「実は、オレ、最近ペット飼おうと思ってるんだ。」
    ウ「おお、それで、何を飼うんだ?」
    ヤ「ハムスターだ。」
    ウ「何で、犬や猫でなくって、ハムスターなんだよ?」
    ヤ「昔、アニメのとっとこハム太郎を見てから、ずっと飼いたかったんだ」

    ウ「それで、どんな、ハムスターを飼うんだよ?」
    ヤ「ギョロ目で、口が尖がって曲がってるやつだ」
    ウ「そんなハムスターいるかよ?ハムスターなんだから、目はつぶらで、口はまっすぐ尖っているに決まってるだろ。」
    ヤ「でも、ハムスターには、そういう品種もあるらしいぞ」
    ウ「えっ、そうなのか、どんな品種なんだよ?」
    ヤ「ひょっとこハム太郎」

    ウ「・・・・いつものことだ。長い付き合いだから黙ってスルーしてやろう」
    ヤ「君の深い友情に感謝するよ。」
    ウ「だいたい、ずぼらなお前が、ハムスターの世話なんかできるのか?」
    ヤ「自分でもそう思ってさ、まったく世話のいらないハムスターを飼おうと思っているんだ。」
    ウ「全く世話いらずのハムスターなんかいるのかよ?」
    ヤ「それがいるんだなー」
    ウ「それ、どんなハムスターなんだ?」
    ヤ「ほっとこハム太郎・・・。」
    ウ「なるほど、いいなー、それ、世話いらずでって・・・・おい!お前、いい加減にしろよ。」

    ヤ「まあまあ、そう興奮しないで、愛は寛容だからな」
    ウ「お前こそ、愛は礼儀に反することをしないんだぞ」
    ヤ「ちゃんと、世話するし、餌にはヒマワリの種をどっさり買ってやるんだ。」
    ウ「どっさりってどのくらいだよ?」
    ヤ「ヒマワリの種、一袋10キロだ」
    ウ「お前、ハムスターを何匹飼うんだよ?」
    ヤ「一匹だぞ」
    ウ「一匹なのに、10キロも買ったら多すぎるだろーが!一生分より多いぞ。」
    ヤ「海外製品大量購入で安く買うんだよ。そういう餌が好きなハムスターなんだよ。」
    ウ「それ、どんなハムスターなんだよ?」
    ヤ「コストコ・ハム太郎・・・。」

    ウ「お前と話していても、時間の無駄のようだな。オレ、帰るわ。」
    ヤ「何でだよ?歌にもある通り、大好きなのはヒマワリの種だろうが」
    ウ「オレが大好きなのは、み言葉の種、お前はコストコでヒマワリの種でも買ってろ。」
    ヤ「オレが、大好きなのは、ヒマワリの種じゃないぞ!」
    ウ「じゃあ、何だなんだよ!」
    ヤ「焼肉屋の日替わりのタレだ。♪だーい好きなのは〜日替わりのタレ〜♪」
    ウ「・・・じゃあ、そういうことで、またなー」
    ヤ「ねぎ塩だれ、辛みそだれに、おろしポン酢だれ・・・。おい、おれを一人にするなー!」
    | ヤンキー牧師 | コント集 | 09:07 | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE