命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 夫婦間に勝ち負けはなし!あるのは、夫婦一緒の勝ち負けのみ! | main | 史上最弱の勝者とは? >>
あなたの結婚相手は、山田(ヤ)でも柳田(ソ)でもない!
0
     プロ野球は、先週土曜からCSがスタート。今年の大きな話題の一つはセ・パそれぞれのリーグで、いわゆる「トリプルスリー」を達成した選手が登場したこと。ヤクルトの山田内野手とソフトバンクの柳田外野手は、「打率三割、本塁打30本、30盗塁」の三つを達成。これは日本のプロ史上で、まだ8人しかいないとのこと。つまり二人は極めて高い希少価値の持ち主なのです。

     トリプルスリーの困難さは、言うまでもなく、ホームラン30本と盗塁30以上の両立の困難さにあります。ホームランバッターはパワーのある巨体で、走るのは遅くなりがち。一方、30盗塁以上できるのは、体が小さめの選手になるので、パワー不足でホームランの量産は無理です。ですから、山田選手や柳田選手のようになれと言っても、ほとんどの選手には無理なのです。

     そこで思いついた今日のタイトルがこれ!

    「あなたの結婚相手は、山田(ヤ)でも柳田(ソ)でもない!」

     たとえ話をしましょう。あるプロ野球の球団があったとさ。当然のことでしょうが、山田・柳田タイプの選手はいません。しかし、球界を代表する打者が二人います。4番を打つA選手は昨シーズン本塁打50本の主砲ですが、巨体と鈍足のため盗塁は毎年ゼロです。不動のトップバッターであるB選手は出塁が多く俊足を活かして毎年盗塁数は50以上で盗塁王の常連。好打者ですがパワーはなく、昨年のホームランはゼロでした。

     この二人は仲がよく、昨年は、お互いの長所を尊重し、それぞれがチームに貢献し、リーグ優勝を飾りました。二人はMVPを争う大活躍でした。A選手が出てB選手がが返す得点パターンでチームは勝利を重ねたのです。ランナーを返すA選手がいるので、B選手の俊足と盗塁が得点につながり、A選手の出塁があるからB選手の打点が増えるという相乗効果があったのです。

     ところが、今シーズンは、A選手は、打撃不振でホームラン数は激減し、三振王。B選手も打撃不振のため出塁数が激減し、盗塁数は昨年の半数ペース。それぞれ自分の不振にいらつく二人の仲まで険悪になってしまいます。

     A選手がB選手に言います。「お前が出塁して盗塁しないから、投手にプレッシャーがかからず、打てないんだ。お前がホームランを打てば、点は入るのになー」

     むかついたB選手はA選手に言います。「後続の打者が言ってたぞ。お前が鈍足だからワンヒットで点が入らないって。たまには盗塁くらい決めたらどうなんだよ!」

     二人は、この後、売る言葉に買い言葉となり、殴り合い蹴り合いの喧嘩をしてしまい、翌日の試合は、怪我のため二人共が欠場。ただでさえ低迷しているチームに多大な迷惑をかけてしまうことに。二人の活躍を信じて忍耐してきた監督はがっかりです。


     察しのよい方は、このたとえ話が指し示すことが既にお分かりでしょう。A選手とB選手と同じような愚行を、チームが低迷すると多くの夫婦がやってしまいがちです。全くタイプの異なる二人は、お互いのホームラン50本と50盗塁という偉業故に相手を尊敬していたのです。お互いの盗塁ゼロと本塁打ゼロなど、お互いの関係にはなんらマイナスを与えてきませんでした。ところが、チーム低迷の中、自分が思い通りにいかないと相手の欠点に注目し、自分との違いを尊重しない無理な要求をするのです。

     夫婦の場合は、自分とは異なる異性の性格に魅力を感じて、結婚するのですが、その違いにむかついたりして、関係がけんあくになると、相手の性格の変更願いをします。

     「あなたその性格なんとかしてよ!」

     「その前に、お前こそ、その性格直した方がいいぞ!」

     「あなたの性格こそ、あり得ないわよ」

     「お前にだけは言われたくないわー!」


     全く勝手なものです。異なる性格に魅力を感じて結婚しておきながら、結婚後に、それが自分にとって都合が悪くなるとその性格を変える要求をするのですから。でも、それが多くの結婚した者の現実だと思うのです。素敵に思えた自由さは、今は、いいかげんさにしか見えません。楽天的なのは、無責任でむかつきます。長所と信じていた几帳面さは、がつまりそうです。魅力的に思えた感情の豊かさ情緒不安定にしか思えず困惑するばかり・・・。

     そうです。すべての性格には、光と影、プラスとマイナスがあるのです。魅力的な性格の裏側には、嫌悪すべき要素が潜んでいるのです。ホームランバッターは盗塁ができませんし、盗塁王はホームランが打てないのが通常なのです。私たちの多くは、こうした現実を知らぬまま、恋して結婚します。結婚前に相手の性格を十分観察もしないで、導きと信じて結婚したりします。多くの場合はそれでよいと私は思っています。ただ、結婚後に相手の性格は変わらないという覚悟だけは、しておくのが賢明だろうと思うのです。


     はっきり言っておきますが、根本的な性格を変えることは不可能です。A選手は俊足になれませんし、B選手はホームランを二ケタ打つことはありません。結婚後に、相手の根本的な性格を変えることを願っても無意味です。また、変えようと努力していも無駄です。あなたの結婚相手が、プロ野球史上8人しかいない山田(ヤ)か柳田(ソ)でない限りは、無理です。

     生活習慣や思考パターン、そして価値観は、当人の決意と努力や訓練、周囲の支援で変えることはできます。しかし、根本的な性格は、当人の決意と努力、伴侶の支援があっても、まず、変えられません。

     また、生活習慣や思考パターン価値観変更要求は、夫婦間において、多くの場合、相手を否定しない正当な要求です。しかし性格についての変更要求は、結婚相手に対しての人格否定に準ずると私は思います。それをされると自分が否定されたように感じてしまいます。その意味で、夫婦喧嘩においては、「その性格変えろ」とは言わず、「その性格」を「その行動」、「その言葉」、「その考え方」、「その価値観」に変換することお勧めします。

     ですから、相手の性格を変えることは、さっさと諦めて、その性格が夫婦にとってプラスに作用するように、夫婦で話し合い、共に考え、相手を活かすのです。つまり、性格は変えられないが、性格の作用は変えられるのです。ペテロは基本的にあの性格のままで、使徒のリーダーが務まりました。性格上の欠点がなくなったというより、あるままで貢献したのです。それはパウロも同様でしょう。真理に妥協しない性格は、時にチーム内に軋轢と不仲を生み出しながらも、世界宣教を飛躍的に前進させました。


     ホームラン50本で盗塁ゼロのも、50盗塁ホームランゼロのも、そのタイプのままで、選手生涯を全うするのです。夫はホームランで貢献すればいいのです。妻は盗塁でチームを勝利に導けばいいのです。二人は仲よく励まし合いチームを優勝させるのが、目標でしょう。


     ですから、結婚相手に性格変更要求ばかりして、それが無駄だと悟らない夫婦というのは・・・・

     「お互いにないものねだりをしてどうすんの?それでチームが勝利に近づくとでも思ってんの?」ということです。


     二人は互いの違いを認め、尊重し、それぞれのスタイルで同一チームに貢献することを追求するのです。自分個人の技術と力量は、チームのためです。相手個人の技術と力量もチームのためです。そして、二人は同じチームに所属するチームメイトなのです。最優先事項はチームの勝利です。だとしたら、互いのタイプの違いを尊重し、そのタイプなりの貢献をすることを最優先とすべきでしょう。

     まるで、別のチームにいるかのような夫婦喧嘩を時にしてしまうこともあるでしょう。性格変更要求の虚しさに気が付きながら、異なる性格を受け入れる覚悟ができないでいる夫婦もあるでしょう。でも、この事実を事実として、受け止めることからしか、よりよい夫婦へと向かう歩みは始まらないように思うのです。その事実とはこれです。


    「あなたの結婚相手は、山田(ヤ)でも柳田(ソ)でもない!」

    「結婚相手にトリプルスリーなし!」

    「ホームラン打者は盗塁できないし、盗塁王はホームランは打てないもの!」



     信仰とは不都合な事実を見ずに、あり得ない仮想現実に逃避することではありません。むしろ、不都合な事実に向き合い、より神様に喜ばれる現実に変えていくために信仰は与えられているのです。

     この事実に立って、もう、戦力ダウンをさせて、監督を悲しませるような争いはやめましょう。「性格自体は変えられない!性格の作用は変えられる」のです。ですから、夫婦が向き合い、真剣に話し合い、それぞれの異なる性格をいかに夫婦関係にプラス作用させるかを考えてみてはどうでしょう?そうした夫婦喧嘩なら、監督も安心して見守ってくれることでしょう。そして、自分を胴上げしてくれる栄光を現す夫婦となることを期待してくれるにちがいありません。
    | ヤンキー牧師 | 夫婦相互の課題と成長 | 17:55 | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE