命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 信仰継承とは「三代目JSoul」と見つけたり(2)〜第三世代評価基準説は聖書的で普遍的? | main | J+Passion Tokyo 2015 のご案内 >>
信仰継承とは「三代目JSoul」と見つけたり(3)〜第三世代基準説で考える教会
0
     ある伝道団体のスタッフが、このシリーズの一回目の記事をご自身のフェイスブックでご紹介くださり、その際にこんなコメントを記して下さいました。

     私の所属する団体では、これを「霊的倍加」と名付け、いわゆる「一発勝負型アウトリーチ」「足し算的伝道」以上に重要なものと位置づけ(もちろん、それらも重要ですが)、強調しています。そういう「倍加するテモテ」が生み出されることを本当に見たいのです。

     おお、この団体では第二テモテ2章2節が命ずる内容を「霊的倍化」と名付けているのですね!「一発勝負型アウトリーチ」「足し算的伝道」も伝道にとっては、重要としながらも、それよりこの「霊的倍化」を重要だと位置づけているわけです。私はこの優先順位は、第二世代は問われてきたことでしょうし、今も問われながら葛藤していることのように感じています。

     この「霊的倍化」について、第三世代までを想定して、教会の伝道を考えるとどうなるでしょう?日本昔話風にシュミレーションしてみました。題して「日本教会昔話


     ある町に、礼拝者数200人の大規模教会と礼拝者20人の小規模教会がありましたとさ。200人教会の牧師は、それはそれは魅力的な人物で、信徒を惹きつける説教者でもあり、「一発勝負型アウトリーチ」「足し算的伝道」を軸に、一世代で20人教会を200人教会にまで、成長させたんじゃ。もう一方の20人の小規模教会の牧師は、カリスマ性のかけらもない地味な人物で、当たり前の堅実な説教をしながら、「霊的倍化」を目指して信徒教育に力を注いでおったのじゃ。

     しばらくすると、ほぼ同時期に両方の教会の牧師は引退し、後継者が牧師に就任したそうな。すると、大規模教会の信徒たちは、就任した牧師に不満を抱き始めて、たった数年で礼拝者数が半減してしまったのじゃ。ところがな、逆に、小規模教会の信徒たちは、牧師が交代しても教会から離れることがないどころか、他の人にも教える力のある忠実な信徒たちが用いられ、後継牧師の在任時には、礼拝者数は倍化して40人となったのじゃ。

     さらに数十年がたった頃だったかのー?またまた、ほぼ同時期に牧師交代があって、三代目の牧師が就任したんじゃ。100人教会は昔ながらの「一発勝負型アウトリーチ」「足し算的伝道」一筋が機能せず、教会の少子高齢化もいよいよ進み、さらに半減して、礼拝者数は50人になってしまったそうな。一方の40人となった教会は、「霊的倍化」路線を継承し、子どもたちの多くも信仰継承をしたこともあり、三代目牧師の在任時には、倍の80人が集うようになったのじゃ。

     礼拝者数が200人と20人だったそれぞれの教会は、三世代後には50人と80人と人数が逆転してしまったのじゃ。こうして三世代をかけて、第二テモテ2章2節のみ言葉の正しさが実証されたのだとさ。めでたし、めでたし

     
      以上が「日本教会昔話」でした。 礼拝人数で教会の結実が測れるとは思っていませんし、現実はこんな単純ではありません。あくまで、話を分かりやすくするために数値化して比較していることをご理解下さい。

     「牧師につながっていても、キリストにはつながっておらず他の人にも教える力はない不忠実な信徒たちが大多数の200人教会」と「牧師よりもキリストにしっかりとつながり、他の人にも教える力のある忠実な信徒たちが大多数の20人教会」を比較し、3世代目には、逆転する可能性があることをお伝えしたかったのです。

     「一発勝負型アウトリーチ」「足し算的伝道」偏重の伝道は、世代交代に弱く、「霊的倍化」は世代を超えての結実につながりやすいのでは?次々世代まで想定した信徒教育をしないと、牧師交代後の次世代においては、「霊的倍化」とは正反対の「肉的半減」という悲劇も起こりかねないのでは?と問いかけたかったのです。前者のような同時代への水平方向への伝道はもちろん、大切なのでしょうが、後者のような世代を超える垂直方向の伝道を軽視してはならないでしょう。


     自分の世代での結実は、あくまで途中経過に過ぎないことを覚えて、今の結実を願いつつも、次々世代を見据えて今すべきことをすることが大切なのでしょう。それは、ボディーブローのように三世代目に効いてくるというのが第二テモテ2:2を命じたパウロの思いだったのでは?三世代目に「めでたし、めでたし」で終われる教会のストーリーを、今の世代から作ってゆきましょう。
    | ヤンキー牧師 | キリスト教界(論説シリーズ) | 19:07 | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE