命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 伝統芸能継承者である野村萬斎に、信仰継承を学ぶ | main | 婚活クリスチャン女子のための十戒(1)「あなたには、わたしの導きのほかに赤い糸があってはならない」 >>
婚活クリスチャンに紹介したい内田樹氏の持論
0
     明日から「婚活クリスチャン女子のための十戒」という連載をスタートさせる予定です。それを書いている中で、知ったのが結婚についての内田樹(たづる)氏の持論。内田氏は倫理学者、思想家であり、神戸女学院大学の名誉教授。以前、本ブログでは、日ユ同祖論関連でその見解を引用したように記憶します。

     内田氏のブログ「内田樹の研究室」の2009年4月9日のこの記事に、ユニークで深い持論が書かれています。

     「学院標語と結婚の条件」

     特に以下の文章には、教えられるし、実感です。

     「異性が10人いたらそのうちの3人とは『結婚できそう』と思える」のが成人の条件であり、「10人いたら5人とはオッケー」というのが「成熟した大人」であり、「10人いたら、7人はいけます」というのが「達人」である。
    Someday my prince will come というようなお題目を唱えているうちは子どもである。


     結婚を願うクリスチャンの皆さん!結婚相手に適当な年齢で心身ともに健康なクリスチャンが10人いたら、そのうち、何人と「結婚できそう」と思えますか?私は、3人に至らない人は、やはり、大人ではないなーと思います。既婚者のクリスチャンの上から目線によれば、「御心の人」とのフレーズを口にしながら、逆に「自分のおこころ人」を求め続け、10人に一人もいないという「お子さま状態」にあるように見えてしまうのです。

     では、自分はどうだったかと言えば、27歳で結婚したのですが、やはり20代には3人は無理でした。1.5人程度でした。きっと、30歳まで独身だったら3人まで到達できたかも。偉そうなことは言えないわけです。結婚後10年も経過した頃に私も、「5人とはオッケー」となりました。銀婚式を終えた今は、「7人はいけるかな?」と思えていて、「達人」の域に近づいているようです。

     これは結婚生活の中で、人間として成熟し、相手をあるがままで受け止めて愛する愛の容量が増大した結果でしょう。結婚後に夫婦両者が聖書的努力をするなら、不徹底であっても、結婚生活はかなりの人間的成熟を私たちにもたらします。きっと、結婚しなければ、私は、50歳過ぎた今でも1.5から3人までだったとことでしょう。そう考えますと、上から目線で、3人に到達しない婚活クリスチャンを「お子様」とバッサリやってはならないだろうと思うわけです。


     ただ、あるがままで相手を受け止める愛の容量が、成熟度であること、自分の未成熟さが、結婚対象者のストライクゾーンを狭めているとの自覚は持っていただきたいと願うのです。

     「誰と結婚するか?は大切ですが、結婚してから聖書の教えに従うかどうかはもっと大切。結婚の質を決めるのは、伴侶選択が1割で、結婚後の聖書的努力が9割だと思います。親から自立したクリスチャンで結婚後に努力する誠実な異性なら、誰と結婚してもほとんど同じです!」


     これは、私はよく結婚セミナーなどで発する「暴言」です。これを聞いて、笑ってうなずくのは、大抵、幸いな結婚生活を送っている方々です。未婚者でこれを聞いて、実感はないけど、そういうものなのかなーと思えたら、きっとその方は、大人なのでしょう。10人中の3人に近いのだと思います。逆にとても受け入れられない暴論として、拒否する方は、まだ、どこか「お子様」を温存しているのではないかと思うのです。

     教会に男性が少ないのは今すぐには変えられません。好ましい異性が周囲にいない環境も、自分の努力では改善できません。そうです。他人と環境は変えられません。しかし、自分は変えられます。「10人中3人はいける」という大人の自分になることが、実は結婚に至る最短距離だったりするものです。

     とは言うものの20代の自分を思い返すと、そうした自己変革や成熟に向かうことの難しさも否定できません。それでも、思うのです。相手や教会や状況を変える葛藤は、ほとんど空しい結果に終わるのだと。それ故に同じ、結婚を願って葛藤するなら、確実に結婚に近づく自己変革や自分を成熟されるための努力に伴う葛藤をしたいものだと。


     そこで、婚活クリスチャンに送る松岡修造風叱咤激励です。

    相手や環境を変えるためにもがくな!同じもがくなら、自分を変えるためにもがけ!」


     婚活で苦戦しておられるクリスチャンの皆さん。内田先生のブログ記事を読み返しながら、そのあたりのことをお考えになってみてはどうでしょう?また、明日からの十戒も、苦戦を善戦に近づける参考として用いていただければと願っています。
    | ヤンキー牧師 | 婚活と伴侶選択のために | 20:48 | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE