命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 誕生日のお祝いをありがとうございました! | main | 婚活クリスチャン女子のための十戒(7)「あなたは、自分のやりたいことを握っていてはならない」 >>
婚活クリスチャン女子のための十戒(6)「あなたは、結婚が見えない交際を長期継続してはならない」
0
     今日は六つ目の戒めを授けると致しましょう。第六戒はこれです!

    「わたしは、あなたを世の婚活、将来の空しい結婚生活から連れ出した、あなたの神、主である。
     あなたには、わたしの導きほかに、赤い糸があってはならない。
     あなたには、わたしの時のほかに、時があってはならない。
     あなたは、80点以上を合格としてはならない。

     あなたは、『いい人がいない』と言ってはならない。
     あなたは快適な独身生活を送ってはならない。
     あなたは、結婚が見えない交際を長期継続してはならない。



     以前の記事で、「30過ぎたら、2年でごめん」のお勧めをしました。これは、某レンジごはんのCM、「玄関開けたら二分でごはん、玄関開けたら二分でごはん」のパロディーであります。その意味は、30を過ぎて、特定の男性と交際中なら、二年を期限としましょうとのお勧めです。二年の交際を継続して、結婚の決断ができないなら、別れましょうとの提案であります。

     こうした過激かつ強引な提案をするのは、30歳を過ぎて、特定の男性と3年から5年以上の交際を続けて、結婚に至らずに終わり、その時点で35歳前後となり、次のチャンスが得られず大苦戦を強いられている事例を多く見てきたからです。

     この記事を書いてから、1年経ちまして、思っていることは、「30過ぎたら」では、遅すぎるということです。今思っていることは、結婚を希望するなら、結婚が見えてこない交際は長期継続しないのが賢明だということです。仮に数字をあげるとしたら「25過ぎたらかな?」と思います。多くの女性は25歳あたりから、男性を中身で評価するようになります。また、賢明な女性なら、好みや損得や条件よりも、現実に一生を共に生きる相手としてふさわしい異性を願うに至ります。

     そうなれば、もう、「恋愛のための交際」ではありません。ましてや寂しさを紛らわせたり、自己価値確認をするための恋愛などすべきではないでしょう。「結婚に直結する交際あるのみ」です。そのためには、結婚が見えてこない交際については、ある程度の期間で見切りをつけて、長期継続しないことを強くお勧めします。


     そうした趣旨で、以前の記事を少し書き換えて、再度、掲載します。「結婚が見えない交際」それは、大きく二つのパターンに分かれます。

     一つ目は、男性が未信者の場合です。未信者の彼氏がいて、彼を信仰に導いて結婚しようと願います。未信者のままで、結婚する気はありません。場合によっては、彼が救われなければ、結婚自体御心でないと考えたり、神様の前に、救われなければ結婚しないと約束して、救いを祈り願っていることがあります。私はそうした真実なあり方は大絶賛したいです。

     しかし、困った事は、いつまで待つかの期限がないのです。「彼はいつか救われる」と信じて祈るのですが、当然神様はあらかじめ期限を指定しません。そして、彼が救われないまま、5年以上も交際を続けているクリスチャン女性も少なくありません。その忍耐と愛、信仰姿勢はアッパレです。しかも、、最終的に彼が救われなければ、年齢的に次のチャンスが厳しくなることも、自覚しているのです。そのリスクを背負い、葛藤の中で、長年祈り続けているのですから、それを否定するつもりはありません。

     ただ、現実に、最終的に救われず別れて、30歳を過ぎていると、そこからの婚活スタートは、やはり不利であるとの現実認識だけは、持っていただきたいと願うのです。多くの男性にとって、結婚に際して異性としての魅力を感じるのは、20代の後半でしょう。この年齢は、結婚にふさわしい人格的、信仰的成熟に至っており、なおかつ外見上の衰えに向かっていないからです。

     その意味でも、彼氏が、二年以内に、求道生活を始めて、信仰決心するかどうかを、一つの目処とするのはどうかと思うのです。男性側も交際して、すぐ求道を始めて2年以内で、一旦、信じるかどうかの決断をしていくのも、大切な彼女の人生を無駄にしない男のけじめかとも思います。


     さらに考えなければ、ならないことがあります。それは、「別れた後に引きずること」です。長年未信者の彼氏を導こうとして、最終的に別れた場合、すぐに次の恋愛や紹介、お見合いなどに挑めるかと言えば、心情的には厳しいでしょう。また、心情的に引きずったままで、交際やお見合いなどをすることは、神様に対しても相手に対しても誠実とは言えません。それは慎むべきでしょう。

     そうなると、別れてから、次のチャンスまで、また1,2年を要します。たとえば、3年の交際後に別れて、2年が経過すれば5年となります。20代後半から30歳をまたいだ5年間を、結婚に向けて前進することなく過ごしてしまうるわけです。これが、婚活女子にとって、かなり致命的であることは、ご理解いただけると思います。

     こうした考察やお勧めがを人間的で、不信仰と思われるなら、仕方ありません。確かに、神の時を人間がコントロールする小ざかしい知恵なのかもしれません。人の救いについて期間を切って考えることは、確かに不信仰と言われても仕方がありません。しかし、このパターンで、彼氏が救われることなく、空白の婚活期間を過ごし、後悔したり、自分が信仰的にしてきたことを疑問視しているクリスチャン女性をあまりに多く見てきたので、こうしたある意味不信仰なおススメをしているわけです。


     二つ目は、相手男性がクリスチャンの場合です。女性が25歳を過ぎていれば、クリスチャンであれば、結婚を前提としての考えての交際であるのが、当然でしょう。しかし、それが当然でない男性クリスチャンも時に存在します。未信者男性のように、結婚する気や、相手女性への責任感がなく、恋愛自体を楽しむために、彼女が欲しいだけの恋愛をするクリスチャン男性がいます。そのような男性である事が判明したら、とっとと別れましょう!未練は不要です。結婚しても、ロクな夫にはなりませんから。自分から捨てることをお勧めします。

     また、結婚を考えながらも、自信がなく、決断を先延ばしするクリスチャン男性もいます。「自分のやりたいこと」や「夢」のために結婚は約束できないとしながらも、交際は続ける男性がいます。いつまでもだらだら延ばして、25を過ぎた女性に対して結婚の約束もせず3年も4年にもなる男性には、とっとと見切りをつけることをお勧めします。

     むしろ、「自信がない」、「経済基盤がまだ」と言いつつも、「結婚をしたいから、自分は変わる!どんな仕事でもする!」と決断をするような男性の方がよいでしょう。愛ゆえのがむしゃらさや努力、決意できる男性は、結婚後も、妻のために自分を変え続け、成長すると予想できるからです。

     就職や転職などの関係で、4,5年後の結婚の目処があるなら、いいのです。そうでなく、見通しのないまま、決断を先送りにする男性はやめましょう。大抵は、「優しいだけで責任感と決断力のない男性」です。彼氏にしておくには、悪くないですが、共に人生を送るパートナーとしては避けた方がよいと思います。


     では、なぜ、2年かと言えば、それが恋愛感情の賞味期限だからです。恋愛感情や性的興奮にともなって分泌される脳内物質があります。それが、ドキドキやときめきを生み出すそうです。しかし、その分泌は時間と共に減少し、通常、2年から3年で枯渇します。この強烈な恋愛感情や性的興奮を、「神様が与えられた結婚への起爆剤」だと私は勝手に考えています。

     この仮説が正しいとすれば、その恋愛が結婚至るかどうかは、二年で目処がつくはずです。特にクリスチャンの彼女を持つ未信者男性が、二年程度の恋愛期間に求道や信仰決心をしないで、その後にするだろうか?と、同じ男性として思ってしまいます。男性の場合、彼女への強い思いが、求道の大きなモチベーションになるからです。実際に、未信者の彼氏が信仰決心するのは、2,3年以内がほとんどのように観察しています。女性が25歳以上でなおかつ結婚を意識して交際を始めて3年以降に彼氏が救われたという事例は、私は、ほとんど記憶にありません。きっと統計をとれば、多分、私の暴論も一定の信頼は得られると予想しています。

     「彼を諦めきれない」、「諦めることは、信仰的でない」との葛藤は当然でしょう。ただ、彼氏への執着心や自己感情などから、冷静さを失い、自分の人生に対しての責任ある展望をせずに、突き進むことは、必ずしも信仰的とはいえないでしょう。

    「玄関開けたら、二分でごはん」

    交際始めたら、2年でごめん


     女性が25歳を過ぎていたら、2年程度で、信仰決心や結婚の約束だろうと私は思います。


    六つ目の戒めはこれです。

     あなたは、結婚が見えない交際を長期継続してはならない。


     かなり、強引で過激な提案とは、自覚しておりますが、多くの残念な事例に触れてきた者として、余計なお世話であります。婚活クリスチャン女子の皆様は一度、ご検討を。
    | ヤンキー牧師 | 婚活と伴侶選択のために | 19:45 | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE