命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 牧会塾の「水谷クラス」、受講者募集中です! | main | 速報!イスラム国人質となった後藤健二さんはクリスチャン >>
婚活クリスチャン女子のための十戒(4)「あなたは、『いい人がいない』と言ってはならない」
0
     では、四つ目の戒めを授けましょう。第四戒はこれです!

    「わたしは、あなたを世の婚活、将来の空しい結婚生活から連れ出した、あなたの神、主である。
     あなたには、わたしの導きほかに、赤い糸があってはならない。
     あなたには、わたしの時のほかに、時があってはならない
     あなたは、80点以上を合格としてはならない

     あなたは、『いい人がいないと言ってはならない

     この戒めについては、以前の記事で何度か書いているので、今日はその中の二つの過去記事を合体させてお伝えします。

     何年か前、某牧師よりこんな記事をご紹介いただきました。これは、専門家による極めて現実的かつ厳しいアドバイスです。

     結婚相談員が明かす「結婚できない女」五つの特徴
    http://getnews.jp/archives/286858


     この記事中にこういうフレーズがあります。

    「いい人がいない」という言葉で自ら結婚を遠のけているのです。

     経験上、「いい人がいない」を連発する女性のほとんどは、「いい女」になる努力をしていません。クリスチャン女性として成長し、結婚のために具体的努力をしている女性は、まず、この言葉を言いません。いいえ、言わなくなるのです。「なかなか出会いがなくて」とは言います。「導きがわからなくて」との言葉は出ます。でも、「いい人がいない」はその口から出ません。

     「いい人がいない」を連発するクリスチャン女性は、周囲からどう評価されるでしょうか?身近なクリスチャン女性は、共感はしてくれるでしょうが、知り合いの男性クリスチャンを紹介しようとは思わないようです。「出会いがない」と「いい人がいない」は似ていますが、同性の友人に与える印象は雲泥の差なのかもしれません。

     「いい人がいない」を連発するクリスチャン女性の結婚のお手伝いを、多分、牧師や先輩クリスチャンはしたがらないでしょう。私なら絶対にしません。なぜなら、私が「いい人」と思うクリスチャン男性を紹介しても、多分「やっぱりいい人がいない」という結果が予想できるからです。「いい人がいない」を連発するクリスチャン女性は、「自分にとってのいい人」に執着しており、「神様が自分に備えてくださるいい人」ではないからです。もし、後者の意味での「いい人」なら「いない」などと、人間が簡単に断定できませんから。

     周囲のクリスチャン男性からも、「いい人がいない」を連発する女性は、敬遠されます。「結婚してからも不満の発言の多い妻になる」と予想されてしまうからです。さらには、その言葉を、寂しそうにポツリと言えば、共感もできるのですが、不満感情を込めて言われてしまうと、はとんどの男性はかなり悪い印象を抱くだろうと予想します。結婚適齢期の男性は、その女性を対象からはずすでしょうし、自分の友人である男性クリスチャンを紹介しようとは思わないでしょう。

     残念ながら、「いい人がない」という言葉で、自ら結婚を遠のけているクリスチャン女性は少なくないようにお見受けします。「結婚対象にできるようなクリスチャン男性が少ない」というのは、多分、残念な事実なのでしょう。しかし、その事実認識と「いい人がいない」発言は別物です。正しい事実認識は大切ですが、それと戦わずして敗北宣言をしているかのような「いい人いない」になっていたら残念です。

     「いい人」とは、誰にとってのいい人なのか?どういう人を「いい人」と思っているのか?一度、自問してみてはどうでしょう?そして、「いい人がいない」を誰かに対して、発言するその意図は何でしょう?これも自問してはどうでしょう?さらに、その発言が他者に与える影響が、好ましいものかどうか?考えてみてはどうでしょう?

     「いい人がいない」を連発している女性は、いつの間にか自らを「婚活系自滅女子」としている可能性がありますぞ。自らを「選ばれない女」とし、自ら結婚を遠ざけているからです。婚活クリスチャン女子の皆様におかれましては、この地雷踏みまくり記事を通して、意識や言動の変革をされ、自滅に向うことのなきよう切に願うばかりであります。そう、願うのです。与謝野晶子のごとく・・・。

    君、婚活系自滅女子となるなかれ


     もう、一つです。以前、「20代に使ってはいけない100の言葉」という書物を見つけました。いわば20代のNGワードなのでしょうが、そこにあったのがこの言葉。

    「周囲にいい男(女)がいない」

     著者によれば、イケテル人は大抵、既にイケテル異性と付き合っているもの。そして、イケテナイ者たちが群れて「イケテル異性がいない」と愚痴るのが、世の常だとのこと。そういう群れに入ってしまうと、群れから離れて単独行動で、イケテル異性のために戦うのが大変になるのだとか。

     著者は痛い質問を読者に発しています。

     それは「いい異性がいたなら、その人を振り向かせることができる自分なのか」という趣旨のもの。

     どうも、「振り向かせる自分かどうかを問わない人」、「振り向かせられない自分の現実に向き合えない人」、「振り向かせる自分になる努力をしない人」がこのNGワードの使用頻度が高いようです。

     「お金がないからできない」という人は、大抵お金があってもできません。「時間がないからできない」という人も多くの場合は時間があっても、大した事はできない人です。そうです。「〇〇がないから××できない」という人の現実は「〇〇があっても××できない人」や「××できないことを〇〇のないせいにして正当化している人」であることが多いのです。そういう世界から、信仰的希望を与えられて、解放されたはずのクリスチャン女性が、そこに留まっていてはなりません。


     しかし、残念なことに、キリスト教会の中でも同様の現象があるようです。「教会にいい男性がいない」とか「いいクリスチャン男性がいない」と言うクリスチャン女性に、「誰かに伴侶紹介お願いしたことある?」「クリスチャンの結婚紹介所に登録は?」と尋ねると九割が、そうした努力を一度もしていないと返答します。「紹介してもらったけど・・・・」「登録はしたけど・・・」と返答するのは1割です。このNGワードを発するクリスチャン女性たちの多くは、愚痴る群れに所属して、単独行動で必要な努力しないというパターンに陥っているのでは?と心配です。

     同著の著者は、今日からの意識変革を勧めます。それは、今日から自分がイケテル人になる努力をしようというもの。イケテル人にはイケテル異性が磁石のように集まってくるそうです。教会の中でもそうした実例をどれだけみてきたか分かりません。

     NGワードを捨てて、共に人生を歩みたいと異性が思うような自分に成長すること、必要な自己変革の努力をすること、前進を妨げるプライドを捨てて、本気で祈り具体的努力をすること!

     結婚を願うクリスチャン女性が使ってはならないNGワード

    それは「教会にいい男性がいない」とか「いいクリスチャン男性がいない」であります。


    というわけで、四つ目の戒めです。
    「あなたは、『いい人がいないと言ってはならない」

     これを、発し続けている限りは、いよいよ出会いが遠のきます。地雷踏み覚悟の今日の記事でありますが、婚活系クリスチャン女子の皆様!悪いことは言いません。まずは、素直になられて、今日からこのNGワードを使わない決心をされることをお勧めします。それが第一歩かと思いますよ。
     

     余計なお世話とは思いますが、過去にはこんな記事もありますので、ご参考に。

    見つけよう、いい男(1)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=633

    見つけよう、いい男(2)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=635

    見つけよう、いい男(3)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=637

    見つけよう、いい男(4)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=640

    見つけよう、いい男(5)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=641

    見つけよう、いい男(6)
    http://blog.kiyoshimizutani.com/?eid=643
    | ヤンキー牧師 | 婚活と伴侶選択のために | 16:31 | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE