命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 24時間テレビのマラソンを詠んだ小学生の川柳が傑作すぎる | main | 海自いじめ自殺についての悲しいこと、その共通項としての悲しいこと >>
ヨハン教会連合が声明文を発表
0
     予告されていた通り、ヨハン教会連合が、サイト上にて声明文を発表しました。これは、団体のトップである金圭東牧師による性暴力・身体的暴力について、団体としての正式な謝罪と悔い改めの結実を約束する内容かと思います。

     「ヨハン教会連合声明文

     この迅速さ声明文の内容については多様な評価があるでしょう。近年、同様の事例が繰り返されているにもかかわらず、予防的対策がなされず、権威主義的な構造の中で問題は起こり、、発覚後も黙殺や隠ぺいがなされ、外部が発信するまで、正常な対処がなされなかったようです。

     本ブログでは何度もこうした課題を取り上げております。拙い記事ばかりでしょうが、何かの助けになればと願い、いくつか代表的なものを紹介しておきます。


    今年になってから、牧師不祥事問題を扱った代表的な記事です。クリスチャンたちの意識変革や失敗から学ぶべき教訓を記しています。

    「真面目、熱心、思いやり+熟年、思慮分別=女性問題大丈夫」からの卒業

    アメリカ大教会の牧師、不祥事辞任、その背景とそこからの教訓

    「教会内・戦前天皇制・再現現象」としてのカルト問題


    私ではない教職が、優れた神学的議論、発信をしているものを紹介しています。

    同じ過ちを繰り返さないために(サミル教会の対応から学ぶべきは?)

    読み応えのあるコメント欄での議論


     また、クリスチャン臨床心理士である藤掛明先生が、この件をご専門の立場から、詳細かつ的確にとらえて、優れた発信をしておられます。こちら記事で、長編の連載を一度に読むことが可能です。

    「牧師のストレスとセクハラ問題」「牧師のメンタルヘルス、教団・神学校への提言編」
    http://fujikake.jugem.jp/?eid=1579

     
     著名メディアが牧師不祥事を記事にし、事が起これば、ネットで広く情報発信が可能な時代にあって、従来の考え方や対処からの転換の必要を訴えたシリーズです。

    教会不祥事、去り行くべき「良識」と来たるべき「常識」

    教会不祥事問題、「鎖国政策」から「開国」へ

    教会不祥事問題、「抽象表現」から「具体内容」へ

    教会不祥事問題、「躓きそうな弱者の立場」から「被害者女性の立場」へ


     「事態収拾」よりも被害者女性とその家族・知人らの癒しと回復を、そして加害者と消極的協力者の真実な悔い改めとその結実を祈りつつ。
    | ヤンキー牧師 | 教会不祥事&AERA報道関連 | 11:15 | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE