命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 育てよう健全信徒(33)号泣議員クリスチャン | main | 育てよう健全信徒(35)蚊取り線香クリスチャン >>
育てよう健全信徒(34)「超高速!入信撤退」クリスチャン
0
    超高速!参勤交代」というタイトルの映画が上映となり、話題となっているようです。たった五日間で現在の福島から、江戸城まで来るよう命じられ、それが果たせなければ藩がおとりつぶしになるという窮地に追い込まれた弱小藩のお話しらしいです。こちらがそのサイトですが、試写会に際して本当に、福島から東京までの200kmを五日間で移動し、主演の佐々木蔵之助さんに献上品を持ってきたようです。
    http://www.cho-sankin.jp/

     10代や20代で信仰を持てば、(かつ平均寿命近く生きれば)教会生活というのは、本来50年以上継続するはずです。しかし残念ながら、そうはいかない現実も認めざるを得ません。

     たとえば、「高速!入信後退クリスチャン」がいます。イエス様を信じて、洗礼を受けます。数年間は喜びに満ちて、熱心に教会生活を送ります。しかし、2,3年経過すると、「後退」してしまいます。熱が冷めたように、消極的姿勢となり、礼拝出席なども以前のようではなくなります。

     また、「高速!入信撤退クリスチャン」も、あちらこちらで見聞きします。洗礼後、数年間はそこそこ礼拝出席をしますが、やがて、教会に交わりを離れ、未信者同様のライフスタイルとなり、教会生活から「撤退」してしまいます。

     さらに残念なのが、「超高速!入信撤退クリスチャン」です。洗礼を受けて、1,2回礼拝出席するのですが、その後は、姿を見せなくなります。心配した牧師や親しい信徒が連絡するのですが、電話やメールなどにも返答がありません


     家庭や地域から厳しい迫害を受けているのでしょうか?感情の高まり一発で決心したもののキリストと共に歩む決断はできていなかったのでしょうか?そもそも、救いについての理解もないまま、インスタントな決心をさせてしまっていたのでしょうか?あるいは、受洗前の学びや準備受洗後のフォローが不十分だったのでしょうか?それとも、決心者を支える周囲の祈りと愛の交わりがなかったからでしょうか?はたまた、早くも教会内の誰かの言動に躓いてしまったからでしょうか?


     「超高速!入信撤退」の原因は場合によって異なるでしょうし、また、複数の原因があるのでしょう。いずれにせよ、指導者側の問題や伝道や教育体制の問題とするだけでなく、神の家族なのですから、自分の立場での防止策を考えたいですね。


     「超高速!参勤交代」痛快な喜劇のようですが、「超高速!入信撤退」は痛恨の悲劇ですから。
    | ヤンキー牧師 | 健全信徒・教会・コリント化シリーズ | 18:03 | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE