命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「浮気の代償としての死」を考える | main | 「男は組織を作る、女は時代を作る」の信憑性 >>
Ministry最新号の「となりの国のキリスト教 韓国編」はすごいぞ
0

     先日、Ministryの最新号を購入。特集である「となりの国のキリスト教 韓国編」は絶賛であります。特に「日韓キリスト教雑誌編集長対談」という企画は、ありそうでなかった企画なのでは?韓国側の雑誌も超教派の立場で時に牧師に痛い発信もする姿勢なのが、信頼できます。正直に韓国のキリスト教会の課題も指摘して、その原因を掘り下げています。

     どうも、韓国には負債があるので、韓国の教会の影の面については、あまり強い発信ができない傾向が日本のキリスト教会にはあるように感じています。私自身もそうで、韓国の教会には、大いに教えられてきましたし、特に日本の宣教に携わる多くの韓国クリスチャンたちに触れてきたので、韓国教会のマイナス面を扱うことには強い心情的抵抗があります。

     特に福音派の中におりますと、韓国の教会を無批判に絶賛する声もあり、批判的な声として聞こえてくるのは、異端問題教会間不一致、そして現世利益的傾向程度です。しかし、この対談では、韓国側のクリスチャンメディアが自らのこととして、発言しているので、遠慮もなく、かえって公平で信頼できるのです。

     特に注目すべきは、韓国側の編集長が、70年代以降の韓国教会急成長の一因としてあげた独裁政権と教会の癒着。歴代大統領の多くが大教会の長老であったこともあり、既存の教会が民主的政府を嫌ってきたとの指摘。さらには95年前後からは、教勢を守ろうとしながらも政治との悪い関係を断ち切れず、教会は堕落したとの発言も。

     私自身の不勉強なのでしょうが、こうした視点からの見解は初めてでした。特定の一面からの考察によるものでしょうが、それでも、私としては、大いに納得であります。他の記事では、キリスト教が韓国社会に浸透した要因としてよく指摘される四つの点を提示しながらも、追加として辛辣な要因を示します。それは「苦難を強いられ抑圧された民衆の現世利益への欲求を教会がうまく汲み上げナショナリズムの高揚と共に成長を遂げた」とする見解です。

     同誌で「韓国キリスト教を理解するためのキーワード」として上げられた六つのうちの二つは、「祈福信仰」と「民衆神学」です。前者は熱心な祈りと献身によって物質的祝福を受けられるとの信仰理解、後者は、抑圧された民衆の側からの信仰理解を意味しますが、いずれも、上の見解を支持するものでしょう。

     個人的には、韓国人クリスチャンとの交わりを通じて、多くの課題を教えていただいてきました。牧師を含む著名クリスチャンたちの不祥事、社会的不正、犯罪行為の続発は、プロテスタント教会の社会的信頼を著しく失わせてきました。クリスチャン達が、学歴や外見に強くこだわり、時にクリスチャンの間でも、それを理由とした差別やいじめがあるとも聞いてきました。それは、信仰に伴う価値転換が著しく欠けていることを意味すのでしょう。世界一の自殺率、日本を上回る中絶率、女性への性暴力や性犯罪のあまりの多さとその背後にある根強い女性蔑視傾向などを聞けば、教会を通じて、社会が福音化されたかに疑問を持たざるを得ません。教団間の争いや現世利益的な信仰理解を悲しむ声は、何度お聞きしたか分かりません。

     影の部分を強調して批判材料とするために書いているのではありません。公平な視点で、光と影の両面から学ぶべきと判断して、記しています。また、両国の教会が共に歩むためにも、いたずらに美化をせず、あるがままの韓国の教会を理解することが大切だと考えます。

     韓国教会の光の面には大いに学ぶべきでしょう。これは間違いないと思っています。しかし、それが全てのように韓国教会を模倣してはならないとも思うのです。むしろ影の面から日本の教会が学ぶべきことも多いように感じました。そして、その影の部分を批判するのではなく、安易な模倣とその結果としての同様の失敗を避けるためにも、大いなる神様からの祝福を先に体験された先輩として敬意をもって隣国から、謙虚に学ぶべきではないでしょうか。

     Ministry最新号の特集記事に触れて、いよいよ、クリスチャン人口の違いや教会規模の違いなどから、日本の教会が韓国の教会に引け目を感じる必要はないと感じました。敬意をもって韓国の教会を公平な視点で見ながら、光と影の両面から、学ばせていただくべきとの思いに至りました。

     この記事を読まれて、関心を持たれた方も、反発を感じられた方も、また、従来のキリスト教メディアの報道に物足りなさを覚えてこられた方も、ぜひ、お読みいただきたい特集です。

    MISTRY最新号の情報はこちらです!
    http://www.ministry.co.jp/

    | ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 10:28 | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE