命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 釣った魚にこそ、餌をやれ!(2) | main | 釣った魚にこそ餌をやれ!(4) >>
釣った魚にこそ、餌をやれ!(3)
0

     今回は具体論で行きましょう。「釣った魚に餌をやる」具体的な行為の一つはデートであります。「えっ?結婚してからデートとかするの?」とか思った男性は、「釣った魚には餌をやらないワールド」に片脚、入っています。即座に悔改めて福音の示す結婚関係に立ち返りましょう。

     実は、デートは、結婚前より結婚後の方が、意味も効果も大きいのです。魚を釣った側にすれば、結婚してからデートをするなど、まさに「釣った魚に餌をやる」ような無意味なことに思えてしまうかもしれません。しかし、釣られた魚の方にしてみれば、「餌をもらえなければ死んでしまう」程の大問題であります。

     これまで、論じてきましたように、釣られた魚状態の妻は、釣られてから餌を与えられないと、ある意味、死んでいきます。夫からの愛情実感を得られないなら、妻は女性として死んでいくのです。女性らしいつつましさを失い、美容や容姿に対して努力を放棄して、子どもや趣味などに過度にのめり込んだり、それに自己実現を試みます。

     それを防いで、夫にとっても喜べる妻でいてもらうためにできることの一つが、結婚後のデートなのです。これは「妻のためだけに一定の時間を取る」ということです。これは夫や子どもや周囲と社会のためにばかりに生きている妻にとっては、最高に愛情実感できることの一つとなります。「夫が自分だけのために時間を使ってくれる」、それは、人にもよるのでしょうが、男性には理解できないほどの喜びのようです。ましてや、家から離れた非日常的空間であれば、幸せ実感も、倍増なのです。

     ここからは更なる具体論にいきましょう。大切なのは、夫から提案をすることです。妻に言われて嫌々であっては効果半減。「今度の土曜日は、どう?子どもをあずけて、ランチとお茶しない?」とか、夫が提案するのです。愛というものはそれが、自発的であるほど、受けた方はうれしいものです。頼まなくても、求めなくても、命じなくても、自発的に相手が愛してくれるとき、大きな喜びを実感するものです。これは自発的で一方通行無条件の神様の愛と同様ですね。

     次には、妻限定のデートをすることです。つまり、子どもなどを同伴せず、夫婦二人きりでなければなりません。そうでないと家族の時間を外で持っているに過ぎません。特に子どもがいる家庭では妻が、夫を独占できることが大切。

     そこで、幼い子どもがいる場合は、誰かに子どもをあずけるのです。子育て夫婦のデートは、それをしてまで、託児代金を支払ってでも、する意味があると私は思います。お願いするのは、夫婦の親、教会の先輩夫婦や老夫妻、ベビーシッターしてくれる青年や学生、あるいは託児業者などです。場合によっては、夫のほうがその手はずを整えてしまうのも、いいかもしれません。お膳立てを全部してしまうと、妻は大感激かも。

     最後にお勧めしたのは、時間であれ、費用であれ、負担は夫がすすんで払うことです。お茶代や一食分くらいは、可能ならですが、お小遣いの中から支出しましょう。託児の御礼や費用が必要なら、それも支払えるといいですね。あくまで限られたお小遣いの中で可能ならの話しです。その愛はきっと妻に通じると思いますよ。

     さらには、職場で可能なら、有給を取って、半日を妻とのデートに費やすのも、お勧めす。えーっ!「それじゃあ、休みにならない」「職場休んで、残業かよー」だって?その気持ちは分かりますが、結婚後のデートが、そこまでの意味があるかどうか?妻に尋ねて、夫婦で共に考えて欲しいです。

     残念ながら、ほとんどの男性に潜むのが「釣った魚に餌をやらない」罪と愚かさ。それ故に、結婚後のデートの大切さ、それが妻にとってどれだけ愛情実感を与えるかがわかりません。だからこそ、夫である皆様には、騙されたと思って?の実行をアピール申し上げます。

     蛇足ながら妻である皆様にお願いです。夫がデートをしてくれたら、どうか、夫に感謝と賞賛を、過剰と思えるほどに与えてやって下さい。これがないと、夫はきついのです。なかなか夫は妻と同じようには愛情実感や幸福感を得られないものですから。逆に、顔に表さなくても、夫は妻からの感謝、賞賛、尊敬が最大のエネルギーです。きっと、次のデートもがんばろうと思うことでしょう。(どうしても夫にとっては妻とのデートは努力目標や残業になりがちなのです。)そんな男性心理をご理解いただいて、妻の側の配慮や努力もお願いしたいものです。

    | ヤンキー牧師 | 夫の課題と成長 | 12:40 | - | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE