命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< マル暴のカタギの皆さんのおかげです(1) | main | マル暴のカタギの皆さんのおかげです(2) >>
「万人祭司」ならぬ「万人リーダー」?の効用
0
     またまた、愛読するブログからというか、そのブログが紹介するブログ記事から教えられました。
    それは謂わば、「万人祭司」ならぬ「万人リーダー」?の効用であります。

    ブログ「のらくら者の日記」より「リーダーシップを求める理由
    http://seikouudoku-no-hibi.cocolog-nifty.com/

    なるほど、イテロのモーセに対する助言は単なる分業による効率化ではなかったのかも。

     ここで紹介されているブログ記事は以下のもの。
    chikirinの日記」より
    http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110927

     「全員がリーダーになるわけではない。全員の中から何名かのリーダーを育てれば成功」「教会の役割は次世代のリーダーを育てること」などと言われるのが日本の社会。でも、欧米社会では全員にリーダーシップを要求するのですね。「全員がリーダーになるわけではない現実は同様でも、どうしてそうなのか?」はブログ記事の通り。

     忠実なよいが成長して、後によきリーダーになるのは聖書的でしょう。同時に、特定分野や特定時期にリーダーを経験してこそ、リーダーを活かし、尊重し、全体に益するよき僕となるのでしょう。聖書的リーダーが「サーバントリーダー」であり、支配するためでなく仕えるための権威であることを考えるなら、リーダーと僕は、正反対のようで表裏一体。これも聖書的なのでしょう。

     教会でのリーダー研修や信徒訓練に活かせる内容ですね。

     本ブログも過去記事にはリーダーシップ論があります。以下の三つなどは、手前味噌ですが、参考になれば感謝。信徒教育や教会教育に少しは役立つでしょうし、リーダーシップで悩む牧師先生方にも、一助になるかも。

    日本的リーダー像>聖書的リーダー像(1)
    http://blog.chiisana.org/?eid=1263877

    日本的リーダー像>聖書的リーダー像(2)
    http://blog.chiisana.org/?eid=1263984

    日本的リーダー像>聖書的リーダー像(3)
     http://blog.chiisana.org/?eid=1263998


    サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
     「小さないのちを守る会」
    〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉

    | | 権威・リーダーシップ、牧師と信徒 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/2735
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE