命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 関東・関西・宮城山形での公開奉仕依頼、とりあえず終了 | main | 10月のアクセスは過去最高かな? >>
「恋愛>信仰」の「エサウ系俗悪ソング」にツッコミ(1)
0

     世の中、恋愛の歌だらけであります。恋愛を讃美するのは表現の自由でしょうが、誇張しすぎるのはどうかと思うのです。極端な恋愛至上主義ソングの中には、クリスチャンとして許容し難いものもちらほら。もう「恋愛>信仰」を主張しているような歌詞であります。それは聖書的に言えば、「エサウ系俗悪ソング」と呼ぶべきでしょう。

     そこで、そうした歌詞にツッコミを入れてしまおうというのがこのシリーズ。第一曲目は、西城秀樹の「情熱の嵐」!この曲はは冒頭から冒涜的なまでの恋愛至上主義ぶり。冒頭の歌詞はこの通り。


    ♪君が望むなら、いのちをあげてもいい
     恋のためなら悪魔に心渡しても悔やまない♪

     恋愛感情一発の展望性なき永遠の放棄であります。

     恋のために悪魔に心渡すなんて、絶対悔やむからやめときなさいって。恋愛における「恋の嵐」は、一時的なもの。それに対して悪魔に心を渡したら、永遠の滅び決定だよ。数年したら冷めてしまうような恋を永遠の優先させてどうすんのー?

     そんな情熱を傾けるなら、男女の愛でなく、神様の愛でしょう!「あるがままで」「いのちを捨ててまで」「変わることのない」という三拍子。この愛を知って、受け止めて、応えて生きるなら、秀樹感激だぞ。ハウスバーモントカレーなど比べ物にならない程の秀樹感激なんだよ。

     まあ、情熱の嵐とはいかないまでも、そよ風程度でもよいから、この神の愛に応えつづけていくことかと思うわけです。

     この歌の最後の歌詞はこちら。

     ♪君が望むなら、たとえ火の中も 恋のためなら恐れはいない 情熱の嵐よ♪

     この歌詞の「君」を「神」に「恋」を「愛」に変えたら、パウロ的情熱の嵐でありましょう。

     一杯の煮物のために長子の権利を売ってはなりません。
     一杯のバーモントカレーの秀樹感激のために永遠を失っちゃいけません。
     ステキな恋愛の故に永遠の救いを失ってはなりません。
     エサウのような俗悪なものであってはなりません。

    | | ポップと演歌が描く恋愛と性 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/2272
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE