命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 明日は金城学院大学 朝の礼拝奉仕 | main | 窃盗容疑逮捕牧師、さらなる心配 >>
同じ過ちを繰り返さないために(サミル教会の対応から学ぶべきは?)
0
     胎児という弱者の人権擁護やいのちと性の尊厳を使命とする者にとって、やはり今回のサミル教会の件は見過ごすわけにはいきません。ましてや教会が問題を矮小化して、本質をうやむやにしようとしているならなおさらです。

      牧師不祥事(著名牧師である場合は特に)が起こった場合、牧師や教会を守ろうとする方向で力が働き、恐ろしく非聖書的な対処がなされ、さらに、主の御名を貶める結果となります。そうした事例が続いているのに、いざ、不祥事が起こると、相変わらず、同様の対処をしてしまうということが続いております。クリスチャンたち、とりわけ役員信徒たちが、当事者感をもって学ばないと、結局、キリスト教会全体が学習能力を持ちえず、加速度的に社会からの信頼を失うことになりはしないかと危惧します。
     
     それは、日本も韓国も同じこと。「同じ過ちを繰り返さないために」との今回のタイトル。それは、「同じような牧師不祥事を繰り返さないために」という意味ではありません。「起こった牧師不祥事に対して同じような非聖書的な対処をしないために」という意味であります。

     韓国を代表する牧師・説教者の一人のスキャンダル。今回のサミル教会の牧師不祥事について、日本の教会が学ぶべきかと思える実に有益な考察を東京サラン教会 の坂本兵部牧師がブログに記しておられるので、ご紹介申しあげます。

     私も自身も「大人の対応」とは、非聖書的で自ら信仰を否定する自己保身行為に過ぎないものを、教会を守るという名目で合理化する卑劣で偽善的な対応に過ぎないと確信しております。以前の記事でも書きましたが、キリストが血を流して赦したものを安易な赦しで「水に流す」なら、それはキリストの血を水道水扱いする最悪の侮辱でありましょう。もし、「大人の対応」が正しいと主張される方々はきっと、大阪地検や相撲協会こそが成熟した聖書的な団体であり、キリスト教会が模範とすべき組織・団体とお考えなのでしょう。

    以下がおすすめの三つのブログ記事です。

     
    | | 教会不祥事&AERA報道関連 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/2239
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE