命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 理想の伴侶、ぼんやり系男子ときっちり系女子 | main | 脱!「みこころの人」伝説(2) >>
脱!「みこころの人」伝説(1)
0
    三回ほど、困った?伝説に縛られているクリスチャン女性の解放を願ってのシリーズ。何も、「みこころの人」という考え自体が間違っていて、捨て去るべきと言っているのではありません。むしろ、捨て去ってはならない、死守すべき理念ですらあるでしょう。

     しかし、この「みこころの人」という理念が、聖書を離れて、多様な言い伝えとなり、それが時には聖書以上に信奉されているケースもなきにしもあらず。


     そこで日本のキリスト教会に伝わる、いいえ、クリスチャン個人が勝手に思い込んでいる様々な「みこころの人」伝説による束縛から解放を願うわけです。思うにそうした伝説が結婚を願うクリスチャン女性たちを現実から目を背けさせ、聖書が示すものとは異なる信仰姿勢に向けさせているように感じているからです。

     今回は一つの事例を取り上げてみましょう。以前、ある団体の学生・青年集会で奉仕。スタッフ紹介がされたのですが、リーダーである女子大生(本ブログの愛読者)の理想の男性は、聖書の登場人物で言えば、「ボアズ」。この女子大生、時折「私のボアズはどこ?」と口癖のように発言するとのこと。

     さすがだと思います。昨日の記事の通り、聖書には信仰面で優れており、なおかつ女性に対して誠実な男性はめったにいないと思われる中、例外的とも言える「ボアズ」を理想像としたことは実に賞賛すべきこと。そして、ボアズのような男性を願い、そうした男性との結婚を願うことも、まさに模範的と言えるでしょう。


     講演後の質疑応答の時間には、彼女から質問。「ボアズが理想なのですが、どこにいるのでしょう?いつか会えるのでしょうか?」というような質問だったように思います。

     質問は正確に記憶していないのですが、返答の方はかなり正確に覚えています。「あなたのボアズは多分、世界の中のどこにもいません。いたとしてもボアズの卵か将来のボアズでしょう。あなたが結婚後に夫をボアズに育てるのです。」

     集会後、「よく言って下さいました」と、集会に集っていた牧師の一人からお礼をいただきました。将来あるクリスチャン女性の美しい夢をぶち壊すような残酷なことは一教会の牧師にはできないもの。そういうむごい仕打ちは、外部の者がすること、それで教会の徳を高める?のも超教派の意義の一つ。(ほんとかよ?)

     もし、今付け加えるなら、「ボアズ候補やボアズの卵を識別して、結婚後はボアズを育てられる女性に、まず、あなたが自身が成長してください。ボアズを願うなら、まず、あなたがボアズの心をとらえるようなルツ的女性になることです。」とウザくて、説教がましい言葉を追加するでしょうか。

     「神様が導くたった一人の男性がいて、神様の導きによって、その人と出会いいつか結ばれる」それは伝説です!神話です!幻想です!「ありえねー」お話しです。私は、それは聖書が支持する考え方とは思いません。

     確かに結婚相手との出会いには神様の導きもあれば、主の摂理の中で起こることでしょう。ルツとボアズの出会いもそうだったのでしょう。しかし、それは「神様が定めた一人の男性がいる」という教理を成立させるわけではありません。

    「神様は自分のために、たった一人の男性を備えておられる」
    「お互いは(神の摂理によって)出会って結ばれるために生まれてきた」
    「二人は神様の赤い糸で結ばれている」

     そうした言い伝え、異教的伝説、世のロマンス、それに基づく妄想、それを支持する先輩の証し、あるいはその混合物が、一番の基本である聖書が示す教理より先行していないでしょうか?
    | | 婚活と伴侶選択のために | 05:08 | comments(6) | trackbacks(2) | - |
    主にあって、共に成長する準備ができている異性は、誰であっても「みこころの人」のカテゴリーに入るということをはっきりさせることが大事だと思います。
    | 細木 | 2009/06/25 2:57 PM |
    広い範囲を示して、しかも、言い切りましたねー。さすが細木氏。伝説崩壊の最強の一撃ですね。読者の反応も楽しみです。
    | ヤンキー牧師 | 2009/06/25 6:09 PM |
    先生の記事と細木さんのコメントと併せて読んで、すっきりしました!ホントその通りですね。今まで「みこころの人」について自分で考えたり本で読んだりしてきましたが、今回ストンとすっきりして靄が晴れました。「みこころの人」がなかなか現れないと言っているとき、そこには自分の好みや願望が付け加えられた「みこころの人」待ちだったりするところも大きいのでしょうね。記事の通り初めから完璧な理想の「みこころの人」を待つのではなく、一緒に成長し合える関係を、一致して望んで歩んでいける人と、一緒にお互いの成長を喜んでいけたら本当に幸せな結婚生活ですよね。この記事が多くの人を解放するために用いられますように。
    | ぱお | 2009/06/25 10:02 PM |
    確かに「みこころの人」伝説は、「運命の赤い糸」と何ら変わりませんよね
    | パライソ | 2009/06/26 5:38 PM |
    ぱおさんへ。解放者一名発生のご報告ありがとうございます。何よりの励みになります。新たな一歩の上に祝福をお祈りします。
    パライソさんへ。「御心の人伝説」=「赤い糸の神話」に近いのですが、前者が聖書的で後者が異教的とお考えの方々もいらっしゃるようで・・・。
    | ヤンキー牧師 | 2009/06/27 10:17 AM |
    まだ中学生である生徒が、「みこころさんを見つけたの!」と報告をしてきたのをきっかけに、色々調べてます。

    ためになりました。ありがとうございます。私は、細木さんに賛成です。運命を共にする人は神によって決められていると思います。ただし、「運命の人」を見つけて雷に打たれるのを待つのではなく、私達がクリスチャンとして選ぶ相手が「運命の人」であったり、「みこころの人」であれる、と思います。結婚したら、もう、それが「運命の人」ですよね?結婚してから、「しまった!別の人が運命の人だった!」と思って分かれた人の話をいくつか知っています。離婚を許さない神がそんな「みこころの人」を与えるはずがありません。神の意思を知るにはやはり、聖書を良く読むべきだと思います。閃きを待つのではなく、正しい(インモラルでない)選択をした時、もうすでに神に導かれているのではないでしょうか?

    聖書の教えにそって選んだ結婚相手が運命の人、「ボアズ」だと思います。
    | 世良 | 2010/08/19 6:23 PM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/1487
    [クリスチャンの気持ち]もう一人のボアズ
    神様のご計画に、私にもう一人のボアズを与えてくださる計画がありました。これには私自身も超驚くほど意外でボアズを亡くした失意のどん底では全く考えていなかったことです。しかし、ある朝突然神様のお告げがあって(ある朝突然というのは当たっていますが、決して神
    | Rushuriのプラン | 2009/06/25 2:39 PM |
    [祈り]みこころの人完成品?
    久々に水谷潔師のブログから。 no title 信仰と誠実の人ボアズ?*1。生涯の伴侶としてそういう相手を求めるのは自然です。 しかし、そんなのは一流メーカーのブランド品を求めるようなもの。一握りの人にしか手に入らないのです。 no title からの一連の記事でツチノコ
    | きりなの日記 | 2009/06/25 10:02 PM |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE