命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「聖☆おにいさん」中間決算 | main | 膨大なアクセスは「たかじんの・・・委員会」から! >>
昨日のアクセスは7523!
0
     びっくりを通り越して怖いです。昨日のアクセスは・・・7523!
    今まで3000を越したことがなかったのに・・・いきなりです。

     原因は「聖☆おにいさん」をキリスト教界が論じたからと思ったら大間違い。人権問題の記事にアクセスが殺到したのです。
     「村崎太郎物語(1)〜(4)」と「歴史と戦う結婚」に膨大なアクセスが・・・・。

     理解に苦しむのは、主日にいきなり(前日までは平常)ということ。いくら大教会で紹介されてもありえないアクセス数。もし、学校の人権・同和教育で紹介されたら、主日にいきなりは不自然。ということは、テレビ・ラジオ・新聞などで村崎太郎さんの結婚や著書が取り上げられてその影響か?

     興味深いのは、村崎太郎物語の(4)が、最高のアクセスを集めていること。日本の芸能と被差別部落問題の関連、あるいはマスコミでの扱いに関心を持ってのアクセスかと思われます。関心のある方は記事をリンクしましたので、ご参照下さい。

     「歴史と戦う結婚」http://blog.chiisana.org/?eid=946962

     「村崎太郎物語(1)」http://blog.chiisana.org/?eid=979688

     「村崎太郎物語(2)」http://blog.chiisana.org/?eid=979725

     「村崎太郎物語(3)」http://blog.chiisana.org/?eid=979962

     「村崎太郎物語(4)」http://blog.chiisana.org/?eid=979994

    日本の多く教育機関が「太郎が恋をする頃までには」を人権教育などの資料にして欲しいです。特に図書館において欲しいですね。そうそう、偉そうに言っているまず、自分が読まなくては。(実は未だに未読という怠慢)

     クリスチャン読者の皆さんも、本ブログを通じて人権問題には関心を持っていただければと願います。それは聖書が示すいのちの尊厳と直結する問題、そして潜在的に身近にありながら黙殺しがちな問題だからです。
    | | 「村崎太郎」関連 | 10:15 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
    私は同和教育といえば学校で配られるプリント読むぐらいで実際はどんなものかさっぱり知りませんでした。日曜日の13時からある関西系某TV番組の再放送を見て、またこのブログを見て関心を持つようになりました。
    自分の中にも自分でも見過ごしてしまう差別心がある事を感じます。表にはなかなかでてこないけれど、きっと気づかないうちに出てきているのでしょう。その部分に光が当てられて、勇気ある方々にまた神様に感謝です。
    | でこぼこ | 2008/12/29 4:03 PM |
    ようこそお出で下さいました。また、時々お訪ね下さい。コメントにやりがいをいただきました。やはり、テレビの影響でしょうか。
    | ヤンキー牧師 | 2008/12/29 6:00 PM |
    でこぼこさんからのコメントで、「たかじんのそこまで言って委員会」が原因と判明して、一安心です。ありがとうございました。
    | ヤンキー牧師 | 2008/12/30 8:28 AM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/1211
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE