命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< クリスチャンホームから犯罪者 | main | (村崎)太郎物語(4) >>
児童ポルノの深い闇
0
     児童への性的搾取などについては、世界会議が開かれており、日本時間の本日、閉会したとか。そこでの日本への圧力はかなりのものらしいです。

     木曜の夜のニュース番組ではこの件で日本の実情を紹介。私も今回はじめて知ったのですが、日本での児童ポルノの多くは被害者女児の近親者(父親や兄)が性的虐待を加え、それを映像化し、売り渡しているのだとか。まさに鬼畜。ニュースでは、児童期に兄から性虐待を受けた女性が今でもその映像がネット上にアップされることに怯える様子が報道されていました。

     実際にそうしたDVDがポルノショップやネットを通じて販売されているわけです。製作、販売は違法なのですが、警察の必死の努力にもかかわらず、例のごとくイタチごっこで、検挙は困難な様子。欧米諸国の多くは単純所持でも違法となるのですが、日本では所持自体は罰せられません。

     私自身も年に一人や二人は家族から性暴力を受けたという女性クリスチャンに出会います。いたたまれない思いです。心情的には単純所持への罰則を願いますが、そんな単純なことはないのが現実。私自身も正直、葛藤

     なぜ、単純所持を違法にできないのか?それについては、このブログの古くからのクリスチャン読者が、優れた記事を書いていますので、ご参照を。

    http://d.hatena.ne.jp/kyrina/20080206/p1

     子どもに対する人権感覚が遅れているので、児童ポルノに対して甘すぎた日本。逆に厳罰化しようとすると、それを正しく運用できず、別件逮捕に使いかねない人権後進国ということでしょうか?
    | | ポルノ・アダルトサイト・性暴力 | 08:23 | comments(1) | trackbacks(1) | - |
    いつも、う〜んと唸らせてくれる日記をありがとうございます。
    先生は、アメリカ/カナダ合作の「ヒューマントラフィック」というドラマをご存知ですか?日本でもTV放映されたようですが、これはかなり強烈でした。
    児童ポルノに限らず、アダルト映画やインターネットポルノなど、かなり多くの映像・画像には、実は非業にも騙されて他国から連れ去られ、別の国で性の奴隷として扱き使われている女性が出ていると聞きます。残念ながら、日本はあまり知られていないのですが、人身売買でそういった女性の受け入れ大国と聞きます。そういう事実にも、教会や社会がもっと目を向けて、撲滅運動を起こすとかできるといいと思います。
    うちの嫁が、日本に来るたびに、入国ゲートで東南アジアからの女性の団体を見かけ、どう見ても不自然だ、と言っていました。英語礼拝の教会には、そうやって連れられてきた東南アジアや東欧からの女性が、やくざの監視付きでいらっしゃるとも聞きます。そういう話を聞くたびに、胸が痛みます。
    | すっさん | 2011/01/18 2:16 PM |









    http://blog.kiyoshimizutani.com/trackback/1064
    [思考][雑記]児童ポルノ問題
    昨日、急にこのブログへのアクセス数が増えたので、何事かと思って見てみると、水谷潔師のブログ命と性の日記〜日々是命、日々是性 からのリンクをたどっての事らしい。 該当の記事は次である。 児童ポルノの深い闇 私が今年の二月に書いた(d:id:kyrina:20080206:p1)水
    | きりなの日記 | 2008/12/01 8:58 PM |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE