命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
悪魔の通信販売(4)〜「祝福一振り!基舎利パウダー」
0

    今日も、何ものも引き離すことができませんと聖書が宣言する主の愛から、クリスチャンを引き離そうと通販CMを流します。

     ♪サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪

     皆さん、こんにちは、サタネット悪魔の社長の悪魔でございます。クリスチャンの皆さん、今日は、四月のイースターを前に、キリストの復活のいのちを実体験できる商品のご紹介です。仏教には「仏舎利」と呼ばれるお釈迦様の骨があります。お亡くなりになられたお釈迦様の遺骨は、分骨され現在では、全世界何十万箇所で保管されています。日本では、舎利殿と呼ばれる建物に収められ、仏舎利は、霊験あらたかとされ、多くの参拝者を集めております。

     それに対して、イエス・キリスト様の遺骨は、これまで発見されず、存在しないとされてきました。もし、見つかれば、復活の力により様々な祝福と奇跡が体験できると期待されてきましたのにです。しかし、皆さん、驚いて下さい。歴史的な発表です。遂にこの度、わが社がイスラエルに派遣しました考古学調査隊が発見し、入手に成功いたしました。それが今回、皆様にご紹介する

    「祝福一振り!基舎利パウダー」であります。

     仏舎利に対抗して、「基舎利」と名づけて、今回商品化いたしました。もちろん、正真正銘、イエス様の遺骨をパウダー化したものです。この発掘は、第37回エルサレエム聖書考古学学会でも、発表され、会場にどよめき(実はあきれ声)が起こったほどです。商品には、エルサレム古代文化大学のベルゼブル教授(悪魔に魂売却済み)の鑑定保証書つきですから、安心してご購入ください。

     さて、この基舎利パウダーは、復活のいのちを実体験できるご利益満載商品ですよ。振り掛けるだけで、豊かな祝福が訪れます。小さない傷なら一瞬で、癒されますよ。重い病気や怪我は、何日か振りかければ完治間違いなし!女性の皆さん!美容効果も抜群で、お肌は一瞬ですべすべに。薄毛でお悩みの男性にもお勧めです。薄い部分に振り掛けれたら、数日でふさふさになったとのご報告もいただきました。アフリカ奥地からは、死んだ猫にこのパウダーを振り掛けたら猫が生き返ったとの連絡も受けています。たった、一振り、「電信柱に花が咲き、焼いた魚も泳ぎ出す!」これが、キリストの復活のちからの証明なのです。

     もう、みことばに従う必要も、約束の祝福を信じる必要も、祈り続ける必要もありません。従順、信仰、祈りは、不要です。このパウダーひとふりで、祝福があなたのものに!パッ、パッ、パッで、神様の奇跡を見ることができるんですよ。そんなうまい話が、実はあるんですよ。
     
     さあ、商品が届いたその日から、従順も信仰も祈りもなしに、祝福が与えられるこの「基舎利パウダー」。今回は「お試しサンプル一週間分」を無料でお送りします。効果がなければ、返品していただいて結構です。自信があるからできるのです(欲望実現と永遠のいのちを交換するのは悪魔の常套手段)。ただし送料はお客様負担でお願い致します。

     急いでお電話ください。はい、お電話はこちら。皆さんのお申し込みをお待ちしていまーす。

    サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪


    聖なる消費者相談センターよりご注意とお願いです〉 
    空の墓であったことから明らかなように、イエス様はよみがえられ、天に昇られたので、この地上にはその遺体も遺骨も存在しません。したがいまして、キリストの遺骨の存在を主張する事は、キリストの復活の否定であり、異端的教理に基づくものであります。

     この商品につきましては、警視庁からも連絡があり、「骨々詐欺」と命名して、全国の教会に注意喚起をすることとなりました。消費者の皆様におかれましては、イースターシーズにこの「骨々詐欺」の被害に遭われることなく、みことばが約束するキリストの復活と臨在を信仰をもって、受け止め、イースターの喜びに歩まれますようにと願います。

     末筆ながら、インスタントな方法での祝福を願うことなく、みことばに従い、生きる着実な信仰の歩みを通して豊かな祝福が注がれますよう、当消費者相談センター、一同、お祈り申し上げております。

    | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 17:40 | - | - | - |
    悪魔の通信販売(3)〜「ぶら下がり信仰健康器」
    0

       今日は、教会の不健全化を願い、悪魔の通販会社「サタネット悪魔」がかつての大人気健康器具を売り込みます。

       ♪サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪

       皆さん、こんにちは、サタネット悪魔の社長の悪魔でございます。クリスチャンの皆さん、重荷十字架を負いながらの信仰生活は、苦しいものですね。そこで、重荷と十字架から解放されて、楽々信仰生活を願うクリスチャンに皆さんに朗報です。今回、そんな皆様にご紹介したのが、あの懐かしの健康器具、かつての人気商品が装いも新登場、今やブームとなりつつあります。それがこの・・・・

       「ぶら下がり信仰健康器」なんです!

       はい、ただぶらさがるだけで、重荷も十字架を負わなくてすむ楽々信仰生活が、今日から、あなたのものに!さあ、ご覧下さい。てっぺんには十字架をあしらい教会の屋根をイメージしています。握ってぶら下がるバーの中央には写真ケースがあります。ここに、所属教会の牧師先生の顔写真を入れてご使用ください。そして、バー全体は牧師先生の細腕をイメージしたデザインとなっています。

       使い方は簡単。デボーションをさぼって、一日15分間ぶら下がるだけ!たった、それだけで、教会の屋根の下で、牧師先生にぶら下がってばかりの信仰生活をご自宅で再現しながら霊的健康作りができるのです。いわば、「ぶらさがり教会生活のイメージトレーニング」を自宅ですることによって、、現実の教会生活に疲れないようになり霊的健康を促進するということなんですねー。

       効果の程は、論より証拠!お使いになったクリスチャンたちの喜びの声をお聞きください。

      「この器具のおかげで、聖書は読まずに牧師先生の説教だけ、お祈りは自分でせずに牧師先生に祈ってもらい、何も自分で判断せずに牧師に決めてもらうようになりました。長年の重荷を下ろして、すっかり信仰生活が楽になって感謝です。」(60代女性信徒)

      万人祭司を建前として、歩めるようになりました。牧師と共に教会を建て上げようとしていた頃の昔の苦労が嘘のようです。こんな楽な信仰生活があったのですね!」(50代男性役員)

      「使い始めて数ヶ月になりますが、一ヶ月ごろから、牧師先生ばかりに重荷を負わせても何とも思わないようになりました。最近は、それが快適になり、日々、霊的健康を実感できています。」(30代女性信徒)

      「洗礼を受けたらすぐに教会のきままな先輩に勧められて、今では、自分も気ままな信仰生活をエンジョイしています」(20代男性信徒)
       
       どうですか?皆さん、お聞きになりましたでしょ。「教会生活がになった」。「重荷がなくなり、快適」「霊的健康を実感」。そんな喜びと感謝の声が、たくさん、たくさん、届いてます。

       さあ、商品が届いたその日から、重荷も十字架も負わない楽々信仰生活があなたのものに!牧師先生にぶらさがるばかりの教会生活を自宅でシュミレーションしながら霊的健康作り!この「ぶら下がり信仰健康器」を、今回は、特別価格でご提供。数に限りがございます。急いでお電話ください。はい、お電話はこちら。皆さんのお申し込みをお待ちしていまーす。

      サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪


      聖なる消費者相談センターよりご注意とお願いです〉 
       この商品につきましては、当方に多くの健康被害が報告されています。ぶらさがり体質に由来する「霊的成長不全」「自立拒否症状」「怠惰、気まま」などの健康被害が使用者から報告されています。また、ぶらさがり信徒の増加により、牧師夫妻が心身の病に倒れるという二次被害の事例も報告されております。ぶら下がり体質信徒の増加が、万人祭司の理念を骨抜きにし、牧師依存を増長させ、教会全体を不健康にしているとの被害報告を受けております。

       該当商品を購入することなく、牧師と共に教会を建て上げ、主からの重荷と自らの十字架を負う歩みこそ、霊的健康の秘訣との理解で歩まれますようにお勧め申し上げます。また、既に商品を購入された方は、写真ケースから牧師先生の写真をはずし、衣装かけや植木台などに転用されてはいかがでしょうか。不幸にも、健康被害を受けられた消費者の皆様方におかれましては、本当の霊的健康に目が開かれ、一日でも早い健康回復をお祈り申し上げております。
      | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 21:50 | - | - | - |
      悪魔の通信販売(2)〜「聖書圧縮袋」
      0

         今日も、クリスチャンたちの無力化を願い、悪魔の通販会社「サタネット悪魔」のCMが流れます。

         ♪サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪

         皆さん、こんにちは、サタネット悪魔の社長の悪魔でございます。クリスチャンの皆さん、聖書は大きくて重くて長いですね。持ち運びも大変なら、一冊読み通すのはもっと大変ですね。聖書通読ができずに困っている大人のクリスチャンに皆さん、多くの聖句暗記に悩まされている教会学校生徒の皆さんに朗報ですよ。今回、そんな皆様にご紹介したのが、この・・・・

        聖書圧縮袋」でございます。

         操作は簡単。聖書をこの圧縮袋に入れて、掃除機で中の空気を吸い出すだけ。それだけでこの通り。取り出した聖書が薄くなっていますでしょ!

         実は、この「聖書圧縮袋・スタンダードタイプ」は、旧約聖書を圧縮するのです。旧約全体を天地創造と十戒だけに圧縮したので、聖書全体が約四分の一の量になりました。これなら、聖書通読もできるのではないでしょうか?何と言っても、旧約聖書は長いです。聖書通読を試みて、つまづくのは、大抵レビ記あたりです。福音の本質はイエス・キリストです。ですから、レビ記を読んで、礼拝の意味を悟るとか、献身の思いを深めるとかは、枝葉のことですから、圧縮の際に削除してしまいました。救いの計画が現実化されたイスラエルの民の歴史も、新約を持っていれば、それは、不完全な過去に過ぎません。新約の恵みに生きる者には学ぶ必要がないので、これも圧縮の際に削除しておきました。これで、聖書は大幅にスリム化されますね。

         ところが、皆さん、これで驚いていてはいけませんよ。今回、私どもが、開発したのは、さらに聖書を圧縮する「聖書圧縮袋・デラックスタイプ」です。同じように聖書をこのデラックスタイプの袋に入れて、掃除機で中の空気をこのように吸引すると・・・・。ご覧下さい。この通り、聖書の量は10分の1以下になりました!

         さらに、新約聖書の書簡などは、有名な聖句だけに圧縮し、福音書だけを残しました。やはり、福音の本質はキリストです。キリストご自身の言葉が福音であり、それ以外は「付け足し」、「補足説明」ですから、圧縮の際に福音書以外は、大幅に削除してくれるのです。これなら、信仰の初心者でも、聖書通読が楽しく達成できそうですね。

         そして、まだ驚くのは早いですよ。今回ご覧に皆様にだけ、ご紹介するのが、この「聖書圧縮袋・スーパーデラックスタイプ」です。これは聖書全体を究極まで圧縮してくれるのです。どれくらい、すごいか、是非ご覧下さい。

         どうですか、皆さん、この通り、聖書全体が何とヨハネ3:16の一節に圧縮されて、袋から出てきましたよ!これがあれば、もう、聖書通読や聖句暗記で苦労する必要はありません。何と言ってもヨハネ3:16は聖書の本質です。たったこの一節に「神の愛と、世の罪と、キリストによる救い」が示されているのです。「神・罪・救い」の三つを含むこの一節させあれば、信仰生活は大丈夫です。

         最近は、「福音の再発見」とかいう本が日本でも出版されたり、「ケープタウン決意表明」が採択されたりと、福音を圧縮するのでなく、本来の深さと広さを回復しようとする流れがあるようですが、私は大変このことを悲しんでおります。そんな信仰理解に立って、その福音に生きようとしたら、大変ですよ。ストレス高いですよ。快適な信仰生活など望めませんよ。

         やっぱり福音は、「個人の心の中だけのこと、天国行きの切符」だけに限定しておくのが、賢明ではないでしょうか?周囲の滅び行く魂を悲しみ、苦労して証しの生活を送り、社会問題に関心を持ち心を痛めるような大変な信仰生活を、皆さんに送っていただきたくないのです。聖書に示された神様のみこころ実現のよりも、皆様方の快適な信仰生活を願って、このような商品を開発し、皆様にお届けしようといているのでございます。

         さあ、もう、聖書通読も聖句暗記も必要ない!宣教も証しの生活も社会的責任も考えなくてよい!自分の心の問題と天国行きだけの福音理解で、快適な信仰生活をお約束するこの「聖書圧縮袋」。今回は大切なお友だちや牧師先生の聖書も圧縮できるように、何と!もう一袋お付けします。つまり、二袋で値段は据え置きの大サービスです。ぜひ、この機会にご購入ください。

         はい、お電話はこちら。皆さんのお申し込みをお待ちしていまーす。

        サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪


        聖なる消費者相談センターよりご注意とお願いです〉 
        ※この商品の購入はしなくても、聖書を事実上圧縮し、「神・罪・救い」のみを福音理解とした福音の個人化、内心化に由来する様々な被害報告が、当センターに寄せられております。読者の皆様におかれましては、「福音の再発見」や「ケープタン決意表明」をお読みいただき、自らの信仰理解を検討され、聖書が示す本来の福音の豊かさに生きる歩みへと前進されますよう切に願っております。 

        | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 22:39 | - | - | - |
        悪魔の通信販売(1)〜「聞き流すだけの信仰教材」
        0
           新しいシリーズの開始です。クリスチャンたちを無力化し、これ以上クリスチャンが増えて、滅び行きの仲間が減ることがないようにと願うサタンと悪霊たちが、昨今の通販ブームを受けて、思いついたのが・・・・

          悪魔の通販会社サタネット悪魔」!

           クリスチャンを対象に邪悪な商品を買うように勧誘するのです。
           
           ああ、恐ろしい、恐ろしい!快適な信仰生活をお値打ち価格で提供するその罠にはまれば、まさに「悪魔の思うツボ」。その邪悪な商品を使い、一見快適に思える信仰生活を始めるなら、さあ、大変。その商品使用はクリスチャンの成長を留め無力化し、周囲に影響を及ぼすことも主の栄光を現すこともない信仰生活へとクリスチャンたちを堕落させていくのでありました。

           というわけで、「サタネット悪魔」のCMをどうぞ!


           ♪サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪

           皆さん、こんにちは、私、サタネット悪魔の社長の悪魔でございます。クリスチャンの皆さん、聖書のみことばに、応答するの面倒ですね。また、聖書のみことばに従うのは苦痛ですね。さらに、聖書のみことばに生きるのは、葛藤がありますね。そこで、今回、そんな皆様にご紹介したのが、この・・・・

          聞き流すだけの信仰教材でございます。

            今回は、この「聞き流すだけの信仰教材、スーパーリーディング、バイブル版」を皆様にご紹介します。何と、この聖書朗読を録音したCDを聞き流すだけで、信仰が成長するのです!もう、みことばに応答する責任も、従う苦しみも、みことばに生きる葛藤も、必要ありません。CDを聞き流すだけで、信仰が成長するのです。ご購入をいただければ、その日から、みことばに伴う責任も苦痛も葛藤もない、快適な信仰生活をスタートすることができるのです!

           「本当に聞き流すだけで、信仰が成長するのですか?」とよく尋ねられるのですが、本当に聞き流すだけでいいんです!礼拝で、牧師先生のお話を聞くと、恵まれたり、気分が高揚したり、慰められたりして、信仰が成長した気分になりますよね。同じように、聖書朗読を聞き流すだけで、いつのまにか、恵まれて成長していくのです。

           また、「みことばに応答し、従い、生きなくても、成長するのですか?」と尋ねられるのですが、本当にいいんです!みことばは、聞きっぱなし、聞き流すに限ります。へたに「応答し、従い、みことばに生きよう」などと思えば、大変ストレスの高い信仰生活になってしまいます。そのために、挫折をしたり、教会を離れてしまう方も多いですね。そうならないように、クリスチャンの皆様が快適な信仰生活を継続されることを願って、私ども、この商品を開発いたしました。

           さらに、この商品をご使用いただければ、聖書を読む必要はございません。ましてや、聖書通読などしてはなりません。商品が届いたその日から、デボーションも不要となります。聞き流すだけです。何と!聞き流すだけで聖霊が働いて、皆さんの信仰を成長させるからです。

           大切なのは、気分です。「恵まれた気分」「高揚感」「慰められた感」「いいクリスチャンになれた感」など、この気分と感覚こそ、信仰生活の本質なのです。「気分よく快適な信仰生活」!これこそ、クリスチャンがこの地上で、目指すべき目標であることは言うまでもありません。

           もう、聖書を読むことも聖書通読も、デボーションも必要ありません。みことばに応答する責任も、従う苦痛も、生きる葛藤もない快適な信仰生活をお約束するこの「聞き流すだけの信仰教材、スーパーリーディング、バイブル版」。今回は、お申し込みの方全員に無料お試しサンプルCDをお送りします。このお試しCDをお聞きになれば、きっと効果をお分かりいただけると思います。それからの注文で十分です。効果に自信があるからこそできる無料お試しサンプルCD(実は、サブリミナル効果で悪魔の呪いが録音済み)なのです。

           はい、お電話はこちら。皆さんのお申し込みをお待ちしていまーす。

          サータネット、サータネット、夢のサータネット、あ・く・ま! ♪


          聖なる消費者相談センターよりご注意とお願いです〉 
          ※この商品の購入はしなくても、聞き流すだけで、みことばに応答し、従い、生きることのない、気分のよい快適な信仰生活を送らせる悪魔の誘惑には、くれぐれもご注意をなさって下さい。近年は被害者周囲の方からの苦情が殺到しております。読者の皆様におかれましては、決して、その誘惑には、絶対に耳を貸さないようと切に願います。 
          | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 17:29 | - | - | - |
          悪魔のいろはかるた
          0
            交通標語、四文字熟語と続き、次は、「いろはかるた」であります。今日も、悪魔が、「いろはかるた」で、クリスチャンたちを訴えたり、惑わしたりです。


             嵶斌堯口に苦し」からの・・・

            旧約、無知に近し

            旧約聖書をじっくり読み、理解努力をしてこなかったため、福音理解が浅い様


            ◆嵶垢脇始△譟∪い肋陲院廚らの・・・

            ラビは道連れ、世は情けなし

            自分で聖書を読み理解することができず、ラビ(教師)からのみ、聖書を学んでいる自分を情けなく思う様子


            「油断大敵」からの・・・

            油断快適

            油を切らした乙女の如く、主に再びお会いする備えもせずに送る信仰生活を快適に思っている様。


            ぁ崙隠して尻隠さず」からの・・・

            (かしら)隠して私利隠さず」

            教会のかしらであるキリストを隠しながら、私利私欲に走る残念な信仰生活の様。


            ァ嵎垢い洞乏據見て地獄」からの・・・

            「聞いて誘惑、来て地獄

            結局、悪魔の願いは誘惑に耳を傾けて、地獄へ一緒に行ってもらうことです、。
            | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 17:05 | - | - | - |
            悪魔の四文字熟語
            0

               悪魔の本業の一つはクリスチャンを訴えること、そして、それを弁護するのが、イエス様のお働きの一つのようです。今日は悪魔が、四文字熟語を用いて、クリスチャンたちを訴えます。

               嵳言実行」からの・・・

              神言絶交

              神の言葉を実行しないばかりか、自らの人格と生活から、みことばを断絶しているどうかと思う信仰生活の様。


              ◆岼貎管塒陝廚らの・・・

              二心混乱

              ヤコブ1:8が記すように信頼と疑いの二心で、祈り願っても何もいただけず、歩みに安定を欠いたトホホな様。


              「汚名返上」からの・・・

              汚名献上

              神様の御名を汚すような言動によって、栄光でなく、汚名を主に献上しているオイオイの様。


              ぁ嵬卻貉袷」からの・・・

              天父三年

              天の父なる神様三年間限定で、自らの神とする歩み。いわゆる「クリスチャン寿命3年説」を示す残念な四文字熟語。


              ァ嵬濃篳公」からの・・・・

              滅主横行

               主なる神様が滅びてしまったかのような判断や言動が教会内で横行している勘弁してくれよの様。


               この四文字熟語に心当たりのある皆様におかれましては、悪魔に、わざわざ訴える口実を与えるような歩みは、今後、お考えになった方がよろしいかと思うのですが・・・。

              | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 13:37 | - | - | - |
              悪魔の交通標語
              0
                 街で交通標語を見かけて、思いついてしまった新企画。「悪魔の交通標語」!悪魔がクリスチャンを責め、訴え、意欲喪失させ、そして、惑わす交通標語の数々です。

                悪魔の交通標語〜ダメ出し

                「(礼拝は)出るなら寝るな、寝るなら出るな。」
                (悪魔はあなたの礼拝姿勢を訴えているかも・・・)


                悪魔の交通標語〜意欲喪失

                狭い日本、そんなに伝道してどうするの?」
                (屁理屈こねてでも、悪魔は、一緒に滅びる仲間を増やしたいもの・・・・)


                悪魔の交通標語〜惑わし

                「信仰は、を見て、見て、自分見て。」
                神だけは決して見ないことを悪魔は切望しているのでは・・・)

                 これでは「交通安全標語」ならぬ「信仰危険標語」であります。
                 身に覚えのある皆様は、素直に悔改めて、これ以上、悪魔に隙を与えないことでしょう。

                 
                | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 17:55 | - | - | - |
                四度目の掲載「悪魔の雑談〜節分編」
                0

                  この季節がやってまいりまいした。そこで四度目の掲載です。

                  悪霊A「オレ、毎年この季節になるとさー、不調なんだよなー」
                  悪霊B「どうしてだ?」
                  悪霊A「あの節分が、だめなんだよ」
                  悪霊B「どこがどうだめなんだよ」
                  悪霊A「あれって、一種の悪霊追い出しだろ」
                  悪霊B「まあな、災いの原因である鬼を追放してるんだろうな」
                  悪霊A「あれ見るとさー、オレ鬱的になっちゃんだ」
                  悪霊B「どうしてだよ。イエスの御名によらない悪霊追い出しなんて、痛くもかゆくもないだろ」
                  悪霊A「それがさー、トラウマなんだよ。節分の豆まき見てると、2000年前ゲラサで追い出されたのがフラッシュバックするんだよー」
                  悪霊B「同情はするけど、いくらなんでも、それは過剰反応だろ」
                  悪霊A「イエスは御名の当人だぞ。本家本元なんだから、使徒たちやエクソシストとはわけが違うぞ。一度くらったら、2000年は立ち上がれんぞ」

                  悪霊B「でもよー、節分って、オレたち悪霊には好都合じゃないか?」
                  悪霊A「どこがだよ、オレは毎年、2月初旬は欝状態だぞ」
                  悪霊B「『福は内、鬼は外』なんて、オレたち悪霊の本質が全く分かってないよな」
                  悪霊A「そうだな、オレたちは真の神から引き離すためなら、どんなだって喜んで運んでるのにさ」
                  悪霊B「逆に、神は、ノンクリが自分を見出すように、あるいはクリスチャンの成長を願って、災いと思えるようなことを起こすよな」
                  悪霊A「そうとも知らずに、『福は内、鬼は外』なんて、神も悪魔も分かってない人間中心のペラペラ発想だぞ」
                  悪霊B「だから、節分はオレたちに都合がいいわけよ」
                  悪霊A「こうした日本の文化に触れながら、ノンクリたちは自然に、ご利益信仰的な宗教観をもつわけよ」
                  悪霊B「そうすれば、オレたちの持ち込む福で大喜びして、真の神からは離れていくぞ」
                  悪霊A「日本で生きている限りは、クリスチャンたちも多少は、ご利益信仰的な影響を受けているってわけだ」
                  悪霊B「そこだよ!自分より物質的に恵まれている未信者をうらやましがっているクリスチャンや『イエス様信じているにどうしてこんなこと?』なんて言ってるクリスチャンは、おいしいよな、誘惑のしがいがあるぞ」

                  悪霊A「そうだな」
                  悪霊B「それから、クリスチャンたちが、災いと思える事は何でもオレたちのせいにしてくれるとうれしいな」
                  悪霊A「事故や病気、夫婦や子育ての問題も、悪霊のせいってことか?自分の不注意や不摂生、御言葉に従わないことの刈り取りを、オレたちのせいにされても迷惑だぞ」
                  悪霊B「何言ってんだ!迷惑どころか名誉だろ。働いてもいないのに業績にしてもらえるんだぞ。それにそうした発想は何よりありがたいだろ?」
                  悪霊A「そうだよなー、福=神、災い=悪魔と短絡的に考えて、自分の足りなさや、不従順や、罪を考えないなんて、何て成長の可能性のないクリスチャンかと、もう、うれしくてたまらんよ。」

                  悪霊B「逆にオレたちの三種の神器、いや三種の邪器には随分と無警戒だな」
                  悪霊A「オレたちが背後で操る、ネット、携帯、マスコミの三つのことだな」
                  悪霊B「災い=悪魔と単純発想でとらえていれば、オレたちの巧妙な作戦など、考えも及ばないだろうな」
                  悪霊A「いよいよ、有益な情報と邪悪な情報を巧みにブレンドして、三種の邪器を通じてクリスチャンたちにも邪悪な思いをどんどん吹き込んでやるぞ」
                  悪霊B「どうやら、2000年ぶりにトラウマも解消かな?」
                  悪霊A「ありがとうよ。オマエの節分評価のおかげだぞ」
                  悪霊B「今年は二月初旬も営業成績アップだな」

                  悪霊A「そういえば、オレの昔の上司、大変だったぞ」
                  悪霊B「どんな上司だ?」
                  悪霊A「あの方は、ヤコブ家担当だったな」
                  悪霊B「じゃあ、ヨセフを試練不条理百連拳状態にしたのはその上司か?」
                  悪霊A「そうそう、兄たちに殺されかけーの、奴隷として売られーの、ポティファルの妻に陥れられーの、無実の罪で牢獄生活させられーの、恩を施した献勺官には忘れられーのは全部オレの元上司の仕業よ」
                  悪霊B「でも、最終的には、全て益に変えられただろ?」
                  悪霊A「そうだよ。ヨセフの奴は総理大臣なんかなりやがって、神の民たちはエジプトで生き延びてしまうし、ヨセフも兄たちを赦してしまうし神の民やヤコブ家は衰退どころか、ますます繁栄だ」
                  悪霊B「何十年かけた壮大な攻撃も、すべて神の摂理の手の中にあったってことか」
                  悪霊A「悔しいが、オレたちはどうしたって神には勝てないさ。でも、神を信じる人間どもには勝てるぞ。そのためにはクリスチャンがご利益信仰レベルに留まってヨセフのようにならないことだ」
                  悪霊B「すべてを働かせて益に変える神の業を実体験したり、そうした証しに触れないで、最善を為さる神などはお題目状態にしておきたいよな。」
                  悪霊A「そうすりゃ、21世紀の日本には目を見張るようなリバイバルも、着実な福音化も起こらないだろうなー。」
                  悪霊B「そうそう、うまくいけば、あと90年は安泰だぞ」

                  悪霊A「そういう意味でも、改めて節分はいい風習だよなー。ご利益信仰者育成のためには格好の視覚教材だぜ」
                  悪霊B「『誘惑を福と見せかけ、悪魔は内に、試練を悪と錯覚させ神は外へ』。これがオレたちの騙しのテクニックだ」
                  悪霊A「オマエ、人間界の天才詐欺師より上だな」
                  悪霊B「そんなに褒めるなよ。悪霊なら人間より賢いのは当然だろ?」
                  悪霊A「そうだったな、まあ、オレも節分の季節こそ、その作戦で、クリスチャンたちを欺いてやるぞ」
                  悪霊B「まあ、節分だけにマメ(豆)にやれよー」
                  悪霊A「ギャグだけは人間のオヤジ並みだなー」
                  悪霊B「はっ、はっ、はー。さあ、仕事、仕事」


                   たまには逆転の発想で、悪魔の身にもなってみましょう。今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。
                   
                   誘惑材料を福と見せかけ内に入れさせ、神からの愛ゆえの試練を悪として外に出させる・・・。毒を飲ませて、クスリを吐き出されるがごとき悪霊たちのあまりに狡猾な欺きに、霊界の盗聴をしながら、震え上がってしまいました。

                   「福は内、鬼は外」のご利益信仰発想のクリスチャンなどは、まさに、悪魔の思う壺かっこうの餌食でありましょう。でも、これって全てのクリスチャンが目を覚まして、見破らなくてはならないことですよね。特に悪魔が暗躍するこの高度情報社会においては。

                  | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 16:46 | - | - | - |
                  悪魔のワイドショー、教会の「天主直訴」を報道
                  0

                    調子に乗って第二弾、今日も、悪魔界において高視聴率を誇る平日朝の報道バラエティー番組「スッパリ」をお送りします。

                    加藤「悪魔目線で人間界を斬りまくる情報バラエティー番組『スッパリ』!司会担当悪霊の加藤と・・・。」

                    テリー「同じく司会担当悪霊のテリーです。」
                     

                    加藤「今日も阿部さんのレポートからのスタートです!」

                    阿部「加藤さん、テリーさん、今後は、山本太郎議員の天皇直訴が注目を集めている中、それに便乗するキリスト教会が現われたんです」

                    加藤「その教会いったい、何をやらかしんですか?」

                    阿部「実は、私が今、前に立っておりますこの秋野園遊教会では、この一週間の毎朝、「天皇直訴」ならぬ「天主直訴祈祷会」が行われているのです。」

                    加藤「その祈祷会の様子を具体的に教えて下さい」

                    阿部「天主、すなわち聖書が示す神に向かって、直訴の手紙を書き、それを祈りとして読むというのです。」

                    加藤「何を手紙に書いて祈っているのですか?」

                    阿部「私も、先ほどまで、祈祷会を見学して身震いしていたのですが、やはり友人知人の救いや日本の救霊が多いようです」

                    加藤「それって、天皇の政治利用ならぬ天主の政治利用でしょ!どうですか?テリーさん」

                    テリー「そうそう。日本列島は古来、わが国固有の領土!我々悪魔・悪霊の支配下にあるわけですから、領土侵犯を天主に直訴するなど、言語道断の政治利用ですよ!これは。」

                    加藤「テリーさん、今日は随分とお怒りですね!」

                    テリー「オレは、華原朋美にも怒ってるんだ!相手の憲法学者は、明治天皇の血筋だろ!あれば、皇族の芸能利用だろ?」

                    加藤「あの方は、民間人ですから・・・。それに男性の方がアタックしているわけですから利用と言うのは・・・。」

                    テリー「じゃあ、朋ちゃんにアタックする憲法学者の方が違憲状態じゃないのか?そんなアタックは裁判で無効にしろ!」

                    加藤「まあ、人の幸せを壊すのも私たちの使命ですが、その二人の事は置いといて、阿部さんのレポートを続けていただきましょう。」

                    阿部「お二人のご指摘どおり、天主の政治利用になるのではとの指摘もあるのですが、そもそも罪人である人間が、天地万物を創造した神、天主に直訴すること自体が、許されていいのか?という声も多く起こっています。」

                    テリー「現人神とされた時代の天皇直訴は、死を覚悟しなくてはいけなかったからな。山本太郎の直訴に『世が世ならお手打ち』と発言した議員もいたようだしね。ましてや本物の神に、罪人である人間が直訴するなど、許されるはずがないだろ。」

                    加藤「イザヤも自分の罪深さを示されて、死ぬと思いましたからねー。至聖所に入れるのも選ばれた大祭司だけですからねー。その辺、天主直訴祈祷会の出席者は何と言っているのですか?」

                    阿部「その点について、参加者にインタビューしたのですが『一度限り、イエスの完全な贖いによって神の御前に大胆に出るよう招かれている』、『イエスの十字架の業によって至聖所の幕は破られたから大丈夫』『罪人が聖なる神と交わりができるのはイエスが、仲介者だから』、『アバ、父よ、つまりお父ちゃんって親しく呼んでもいい』などと応えているんですよ。」

                    加藤「テリーさん、これメチャメチャ、ムカつきますねー」

                    テリー「聖書が示す根拠なんかあげて、大正解だけにホントに腹立ちますね」

                    加藤「阿部さん、他の教会はこの天主直訴祈祷会をどう評価しているんですか?」

                    阿部「他団体の牧師に尋ねてみました。その方によれば、時節柄、ネーミングはどうかとは思うが、神の御前に大胆に出て、祈り願うのは、聖書的根拠があり、有効な祈りであるとのことです。」

                    加藤「テリーさん、これってヤバイっすよねー」

                    テリー「こんな大胆で力強い祈りをされたら、順調だった日本での営業成績もがた落ちだよ」 

                    阿部「キリストの仲介によって、罪人が神に直訴できるこの恐怖の恵み、今後も目が離せません」

                    以上で中継は終わります。キリストによって、神の御前に大胆に出て、直訴できるこの恵みを最大限活かして、悪魔・悪霊をびびらせるようなお祈りをささげていきたいですね。

                    | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 20:44 | - | - | - |
                    悪魔のワイドショー、教会の「表示偽装問題」を報道
                    0

                       今日は、悪魔界において高視聴率を誇る平日朝の報道バラエティー番組「スッパリ」をお送りします。

                      加藤「悪魔目線で人間界を斬りまくる情報バラエティー番組『スッパリ』!司会担当悪霊の加藤です。」

                      テリー「どうも、同じく悪霊のテリーです。」

                      加藤「今日は、悪霊阿部さんのレポートからです」

                      阿部「加藤さん、テリーさん、事件です。一連の表示偽装問題がキリスト教会にまで及んでいたことが判明しました。」

                      加藤「何があったんですか?」

                      阿部「先日11月3日、阪急阪神リッツ高島キリスト教会の主日礼拝において、説教についての表示偽装があったことが、昨日、同教会の所属団体より発表されたんです。」


                      加藤「具体的な偽装内容を教えて下さい」

                      阿部「実は、その日の礼拝時に配布された週報記載の礼拝プログラムには『説教』と記されていたのですが、実際に提供されたのは、『証しの隙間に聖句を注入した加工品』であったことが会衆の内部告発によって明らかにされたそうです。」

                      加藤「輸入牛肉に牛脂を注入して和牛ステーキとして提供する手口と似ていますね。説教者は何と言っているのですか?」

                      阿部「同教会の説教者は、我々の取材に応えて『偽装の意図はなかったが、結果的に表示偽装となってしまい申し訳なく思っている。自分は説教のつもりで提供していた。自分の認識不足であり、神と会衆に対して悔改めたい』と語っているんですね。」

                      加藤「所属団体は、このことについて、どう考えているんでしょうね?」

                      阿部「はい、今回の事件を受けて同教会が所属する団体は、『今後は団体内の教職者に対して説教観を徹底し、再発防止に務めたい』との声明を発表しています。」

                      加藤「現場の牧師たちは何と言ってるんですか?」

                      阿部「同団体所属の一牧師は、匿名を条件に我々の取材に応じてくれました。その牧師は、『日本のキリスト教会においては、説教の定義が明確になされておらず、説教者各自に一任されやすい。そのために神と説教者、また、説教者と会衆との間に、説教観のギャップが生じることは少なくない。会衆の側にも、寛容な気持ちで受け止めつつ、説教者を育てていく責任が求められるのでは?』と今回の団体の対処について疑問を呈しています。」

                      テリー「今回偽装が発覚したわけですが、これまでその教会では問題にならなかったのですか?」

                      阿部「はい、そのところを教会の会衆に尋ねてみたのですが、ほとんどの方が『ずっとこの教会だから、礼拝説教はこうものだと思っていました』と答えるのですね。表示偽装あるいは誤表示との認識は、多くの会衆にはなかったようです。」

                      テリー「こういう状況って、我々にとっては、ありがたいんじゃないの?」

                      阿部「その通りだと思います。今後も、同様の問題が続発し、解決努力がなされなければ、悪魔・悪霊にとっては、御言葉の剣への恐れも軽減し、安心して活動に専念できますね。いずれにしても、今後も注目してゆきたいと思います。」

                      加藤「阿部さん、幸いなレポートをありがとうございました。サタン様もさぞかしお喜びのことと思います!今後もレポートお願いします。」

                      阿部「はい、訴える者としてキリストも弁護不能なまでに、教会のあら捜しをしてレポートしてゆきます。」

                       以上で、中継を終わります。説教者たる者、悪霊をびびらせるような表示どおりの説教を取り次ぐものでありたいと、自戒を込めて思わされております。

                      | ヤンキー牧師 | 「悪魔の会議」「悪魔の年賀状」シリーズ | 12:45 | - | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE